ホーム > 森もり!スクエア > みなさんと手を取り合って > 国立大雪青少年交流の家と遊々の森「大雪青少年交流の森」の協定を締結


ここから本文です。

 

 みなさんと手を取り合って

国立大雪青少年交流の家と遊々の森「大雪青少年交流の森」の協定を締結 

 ~自然体験活動等をより円滑に実施することを目的として~

【上川中部森林管理署】 

平成25年8月1日(木曜日)、独立行政法人国立青少年教育振興機構国立大雪青少年交流の家と上川中部森林管理署は「遊々の森」の協定を締結しました。

国立大雪青少年交流の家は、全国に27ヶ所ある青少年のための団体研修施設の一つで、文部科学省所管の(独)国立青少年教育振興機構によって運営されており、年間11万2千人に研修施設が利用されている外、北海道「体験の風をおこそう」運動推進協議会の事務局として、北海道全域に体験活動を推進しています。

美瑛町の白金地区に所在し、周辺の森林は国有林となっており、これまでもハイキング、ウォークラリーのフィールド等として利用されてきましたが、自然体験活動等をより円滑に実施するため、約70ヘクタールの国有林について、「遊々の森」の協定を締結しました。

協定の対象地は「大雪青少年交流の森」と命名され、自然観察、環境教育等の活動を行うこととしており、平成25年度は、教育事業「トライアドベンチャーズキャンプin大雪」における野営活動、美瑛川流域でのスプラッシュハイクなどの活動が予定されています。

 

(栗山 森林技術指導官)

握手を交わす三上所長と角署長

協定締結後に握手を交わす
(左)上川中部森林管理署 角署長
(右)国立大雪少年交流の家 三上所長

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集