ホーム > 森もり!スクエア > みなさんと手を取り合って > 大樹町森林組合と森林整備推進協定を締結


ここから本文です。

 

 みなさんと手を取り合って

大樹町森林組合と森林整備推進協定を締結

~民・国連携した森林整備をめざして~

【十勝西部森林管理署】 

平成25年3月26日(火曜日)、十勝西部森林管理署大会議室において、大樹町森林組合と十勝西部森林管理署とで、「幸徳地域森林整備推進協定」を締結しました。

 

この協定は、大樹町幸徳地域に所在する民有林40ヘクタールと国有林922ヘクタールの区域を「幸徳地域森林共同施業団地」に設定し、森林の多面的機能の発揮と資源の循環利用を図るため、協定者が連携・協力して合理的な路網の整備及び効率的な森林施業の実施に取り組むことを目的に、締結しました。

 

調印式は、協定締結に至った経緯の説明の後、姉崎大樹町森林組合代表理事組合長と金井十勝西部森林管理署長により、協定書への署名が行われました。

 

今回の協定期間は、平成25年4月1日からの1年間ですが、平成26年4月1日からは、協定者間で協議の上、地域管理経営計画期間の5年間の延長を定めることとしています。

 

調印後、金井署長、姉崎組合長ともに、「今回の協定を契機として、これからも民・国連携した共同での効率的な森林整備が必要」と述べられました。

 

今回の協定は、十勝総合振興局、十勝総合振興局森林室大樹事務所、大樹町の協力を得て締結に至ったもので、立会として調印式にも出席していただき、関係機関による連携を今後とも深めていくことを確認しました。

 

(中村 流域管理調整官) 

金井署長と姉崎組合長

金井署長(左)と姉崎組合長〈右〉

調印式

調印式(署名)

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集