ホーム > 森もり!スクエア > みなさんと手を取り合って > 平成24年度CSR活動支援~林業体験活動(間伐)を実施しました~


ここから本文です。

 

 みなさんと手を取り合って

平成24年度CSR活動支援~林業体験活動(間伐)を実施しました~

~東亜建設工業北海道支店のCSR活動~

【指導普及課】  

平成24年9月30日(日曜日)、東亜建設工業北海道支店の社員及び家族ら15名が参加して、支笏湖周辺の国有林(胆振東部森林管理署1225林班)で林業体験活動が行われました。

北海道森林管理局では、森林づくりをする上で大切な作業のひとつである間伐を、企業のCSR活動を通じて体験林業として取り組むことで、適切な森林の管理経営には間伐作業が欠かせないものであることや間伐材利用の重要性などについて理解を深めていただくことを目的に、平成22年度から企業におけるCSR支援事業として実施しています。

今回、家族で参加してくれた小学1年生の妹は枝払いを、小学3年生のお兄ちゃんは間伐をお父さんと一緒に取り組んでいました。

「実際に生きている木を伐る機会はないですよね」との話もあり、あいにくの小雨と天候には恵まれませんでしたが、皆さん熱心に作業に取り組んでいただき、無事終了となりました。


※CSRとは、一般的に「企業の社会的責任」と言われています。  

(木村 緑の普及係長) 

記念撮影

参加者全員で記念撮影

間伐作業の説明

森林管理局職員による間伐方法の説明

親子で間伐作業

親子で間伐作業

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集