ホーム > 森もり!スクエア > みなさんと手を取り合って > 小学生を対象とした間伐作業の見学


ここから本文です。

 

 みなさんと手を取り合って

小学生を対象とした間伐作業の見学

~滝上みどりの森林(もり)推進協議会による森林環境教育活動~

【西紋別支署】  

平成24年9月24日(月曜日)、滝上みどりの森林推進協議会による森林環境教育活動の一環として、滝上町立滝上小学校の6年生18名を対象とした間伐作業の見学を町有林で実施しました。

 

滝上みどりの森林推進協議会は、滝上町・網走西部森林管理署西紋別支署・滝上町森林組合・滝上林業協同組合など、町内の林業に携わる団体が中心となり、「もっと地域の人々に林業のことを知ってもらいたい」「もっと森林を身近に感じてもらえたら」といった思いのもと、平成23年に設立されました。

今回は、協議会の構成員でもある有限会社真貝林工の協力により、町有林での間伐作業を見学することとなりました。

 

現地では、チェンソーによるトドマツの伐倒、ハーベスタによる伐木・造材、フォワーダによる集材など各作業の様子を見学しました。

チェンソーによる伐倒の際には、作業員の狙った方向に木が倒れる様子を見て、児童達から歓声が上がり、その後のハーベスタによる伐木・造材では、チェンソーとの早さの違いに「こんなに早く切れるのか」という声が上がりました。

 

今回の森林環境教育活動は、地元小学生に「自分達が住んでいる滝上町は森林資源に恵まれていること」「滝上には林業に携わっている人が沢山いて、身近なところで仕事をしていること」を伝えることを目的として実施しました。

今年度は、この他にも森林でのフィールドワークや教室での森林に関する○×クイズなど、気軽に森林に興味を持ってもらえるような内容の取り組みも実施しています。

今後もこの取り組みは継続して行うこととしており、植栽箇所の見学なども予定しています。

 

(瓜田 森林ふれあい係長)

間伐についての説明

間伐についての説明

チェンソーについての説明

チェンソーについての説明

ハーベスタ伐倒の様子

ハーベスタによる伐倒

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集