このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    令和元年度  夏休み子ども体験デー


    【北海道森林管理局】 


    令和元年8月7日(水曜日)、8日(木曜日)の2日間、サッポロさとらんどにおいて北海道農政事務所、北海道開発局及び北海道森林管理局主催により、「夏休み子ども体験デー」を開催しました。

    このイベントは、北海道の基幹産業である農林水産業に関する体験を通して、子供たちが夏休みに広く社会を知る機会とすることを目的としており、主催3者のほかに植物防疫所、動物検疫所、水産研究・教育機構、農畜産業振興機構が共催として参加し、各機関が特色を生かした体験ブースを出展しました。

    記録的な暑さの中、2日間で343名の方にお越しいただき、様々な体験を楽しんでいただきました。

    当局では、「もくねんさん(おがくず粘土細工)」「木のコースターづくり」「お山ん画パネル展」「木棒(きぼう)のプール」のブースで子どもたちに森林や林業の魅力を発信しました。

     

    【もくねんさん(おがくず粘土細工)】

    カルチャーナイトでも人気だった「もくねんさん」。
    鉛筆を製造する際に出るおがくずからできた、木の香りがする粘土で、好きな動物などを作りました。

    もくねんさん作成中
    もくねんさん作成中

    もくねんさん完成
    もくねんさん完成 

    【木のコースターづくり】

    木の輪切り板に好きな絵を描いて、自分だけのコースターやキーホルダーを作りました。

    コースター作成
    コースター作成

    コースター完成
    コースター完成

    【お山ん画パネル】

     職員の平田美沙子係長が描いた、林業漫画「お山ん画(おやまんが)」「人to木(ひととき)」「リン子の絵日記」を展示しました。

    1日目は作者の平田さんが漫画を解説し、大人から子どもまでたくさんの方に森や林業について知っていただきました。

     漫画を解説
     漫画を解説

    【木棒(きぼう)のプール】

    木の棒でできたプールで木の感触を味わってもらいました。
     木に埋まってみたり、木を並べたり、いろいろな遊び方で楽しんでくれました。

    木に埋まってみたり
    木に埋まってみたり

    並べてみたり
    並べてみたり 

    【他の機関による魅力的な体験ブース】

    ブロッコリースプラウトの栽培体験(農政事務所)
    ブロッコリースプラウトの栽培体験(農政事務所)

    豆アート体験(開発局)
    豆アート体験(開発局)

    わかるかな?世界の虫と果物(植物防疫所) 
    わかるかな?世界の虫と果物(植物防疫所)

    動物とお肉のクイズ(動物検疫所) 
    動物とお肉のクイズ(動物検疫所)

    イカスミ魚拓体験(水産研究・教育機構)
    イカスミ魚拓体験(水産研究・教育機構)

     さとうのひみつ(農畜産業振興機構)
    さとうのひみつ(農畜産業振興機構)

    このイベントをきっかけに森や木、農林水産業に興味を持ってくれる子どもが増えてくれると嬉しいです。



     

                                                                (技術普及課 緑の普及係)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271