このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    わくわく夏休み子ども体験デーの開催!~食と農林水産業の世界を知ってもらおう~


                           モエレ沼公園ガラスのピラミッド 受付の様子


    【北海道森林管理局】 


    平成30年8月2日(木曜日)、3日(金曜日)の2日間、札幌市東区にあるモエレ沼公園内のガラスのピラミッドにて、北海道農政事務所、北海道森林管理局、北海道開発局が主催、植物防疫所、動物検疫所、農畜産業振興機構(alic)、水産研究・教育機構(北水研)が共催として「わくわく夏休み子ども体験デー」を開催し、各機関がそれぞれの特色を生かした「農」「林」「水」の体験ブースを出展しました。

    このイベントは、北海道の基幹産業である農林水産業に関する体験や食育を通して、親子のふれあいを深め、子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とするとともに、農林水産関係の施策に対する理解を深めてもらうことを目的としています。

    北海道森林管理局では、「木のコースター・ペンダント・キーホルダーづくり」「おがくず粘土細工(もくねんさん)」「きぼう(木棒)のプール・木のおもちゃ」のブースを設けました。また、お山ん画のパネルも展示しました。

    木のオリジナルコースターができたよ!
    木のオリジナルコースターができたよ!

    おがくず粘土細工(もくねんさん)
    おがくず粘土細工(もくねんさん)

    きぼう(木棒)のプール
    きぼう(木棒)のプール

    木のおもちゃ
    木のおもちゃ

    「木のコースター・ペンダント・キーホルダーづくり」では、輪切り板に絵を描くことを通じて、木や森への関心をもってもらったり、木の香りや感触を感じてもらいました。
    「おがくず粘土細工(もくねんさん)」では、鉛筆を製造する際に出るおがくずからできた粘土を使用することで、木の有効利用や身の回りにある木製品について考えてもらいました。
    「きぼう(木棒)のプール・木のおもちゃ」では、木の香り、感触を感じたり、木製玩具への愛着、関心を持ってもらいました。
    「お山ん画」のパネル展示では、森林や林業について知ってもらいました。

    また、北海道森林管理局以外の各機関も様々なブースを設けました。

    乳しぼり体験(農政事務所)
    乳しぼり体験(農政事務所)

    のうちくさんぶつペーパークラフト(開発局)
    のうちくさんぶつペーパークラフト(開発局)

    さとうのひみつ(alic)
    さとうのひみつ(alic)

    動物とお肉のクイズ(動物検疫所)
    動物とお肉のクイズ(動物検疫所)

    見比べてみよう!むしとくだもの(植物防疫所)
    見比べてみよう!むしとくだもの(植物防疫所)

    イカスミ魚拓体験(北水研)
    イカスミ魚拓体験(北水研)

    暑い中、2日間で531人の方に来場いただきました。2日間とも訪れてくれた人や、昨年とは開催場所が変更したにもかかわらず、昨年に引き続き参加してくれた人もいたようです。
    この日の体験をきっかけに、子どもたちに農林水産業に少しでも興味を持っていただければと思いました。また、夏休みの自由研究のヒントとなったり、夏の楽しい思い出の一つとなれば嬉しいです。
     

    (森林技術普及専門官  的場)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader