このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    白石中学校1年生職場訪問

    森林管理局はどんなところ?~

    【北海道森林管理局】 


    平成29年11月9日(木曜日)、札幌市立白石中学校の1年生6名が北海道森林管理局を訪問しました。これは総合学習の一環として地域にある様々な施設(職場)を訪問し、職場の見学や働いている人へのインタビューを通して「働くこと」について学ぶことを目的として行われたものです。 

    最初に森林管理局の組織の概要について説明し、庁舎内の見学を行いました。

      局長室の見学 局長室の見学です。
    局長室のフローリングや壁はミズナラの木を使用しています。局内は、部屋ごとに使用している木材の種類が異なっています。
         
      森林整備部長室のテーブル 森林整備部長室にあるカツラの木でできたテーブルは大きくて厚みがあるので、持ち上げるのに力が必要です。
         
      技術普及課 技術普及課の壁には森林管理局の様々な業務を紹介する写真が貼ってあります。
    人工林は「木を植えて、育てて、伐って、また植える」というサイクルで管理していきます。

     

    続いて1階ウッディルームの展示品を見学していただきました。

    ここには色々な種類の木の丸太やタネ、樹齢300年以上の大きな木から採った輪切り板、プロ野球選手が使用しているバットの見本など、さまざまなものを展示してあります。
    6階建ての建物は壁やフローリング、柱などにたくさんの木材が使用されており、職員が使用している机も木製です。

      クルミのこぶ 病気のため中が空洞になったオニグルミの木のこぶを見学しています。

     

    見学後は、事前に生徒の皆さんからいただいていた質問に答えていきます。

    「主な仕事はどんなことですか」

    森林管理局では、国有林(国が所有する森林)の管理をしています。
    山を見て歩いて、どの森林にどんな手入れが必要か、どこに林道を作ったら良いかなどを考えます。
    山を歩くには、ヘルメットや、底にスパイクのついた長靴、革手袋などが必需品です。

      「輪尺(りんじゃく)」という、立ち木の太さを測るための道具の使い方を実演しています。(今回は人を木に見立てています)

     

    他にも「この仕事に就いたきっかけはなんですか」「やりがいを感じるのはどんなときですか」などの質問に答えました。

    見学を終えた生徒の皆さんから「玄関を入った時に、木が沢山使われているのが見えてすごいと思った」「建物にあたたかみを感じる」という感想がありました。 

    この日来てくれた皆さんは、今回の職場訪問にあたり、多くの施設の中から森林管理局を選んだということで、私たちも嬉しく思いました。
    およそ1時間半という短い時間の中で森林管理局の業務のすべてについて説明できたわけではありませんが、生徒の皆さんにはこの職場訪問をきっかけにして木や森林についてさらに関心を深め、学んでいただければ嬉しいです。

    (大塚 森林技術普及専門官)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader