このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    初山別小学校森林教室「秋をみつけよう」

     

    【留萌北部森林管理署】 


    平成29年10月24日(火曜日)、初山別小学校において「秋をみつけよう」と題した森林教室を実施しました。小学校1年生5名を対象にドングリや松ぼっくり、色づいた葉っぱなど森林を通して秋に触れてもらうことを目的とし、それらを使った工作を行いました。

    はじめに落ち葉を使った飛行機作りを行いました。落ち葉を飛行機の形に切る単純な作業でしたが、はさみで葉っぱを切るのは初めてだったようで、乾燥してパリパリになった葉っぱに苦戦していました。また、「好きな葉っぱを選んで作っていいよ」と言うと、たくさんある中から全員がホオノキの大きな葉っぱを選んだのが印象的でした。

    「葉っぱを切るのに苦戦中」
    葉っぱを切るのに苦戦中

    次に、ドングリと松ぼっくりを使用したコマと人形作りを行いました。コマ作りでは、どうすればよく回るのか、持ち手の長さを調節したり、どんな形がいいのかを考えながら作ってもらいました。
    人形作りでは、ドングリと松ぼっくりを組み合わせてリスを作りました。「玄関にかざる!」「持って帰ったらお母さん喜ぶだろうな」といった声が聞こえ、評判は上々でした。「自由に作っていいよ」と言うと、たぬきや毛虫・いも虫・きのこ等短時間で次々と新しいものを作っていました。

    「どうしたらよく回るかな?」
    どうしたらよく回るかな?

    是非飾ってください
    是非飾ってください

    最後にしおり作りを行いました。たくさんの色に触れてもらうため「3色以上の葉っぱを使用してください」とお願いすると、赤や黄といったパッと見ただけでわかる色の違いではなく一つの色の濃淡で色を選ぶ児童がいたりと子どもたちの観察力の鋭さを感じました。

    焦げ茶・茶・黄色の3色かな?
    焦げ茶・茶・黄色の3色かな?

    子どもたちは最後まで楽しそうに工作に取り組んでくれました。少しでも森林に興味を持ってもらうため、今後もいろいろな形で森林に触れる機会を提供していけたらと考えています。

    (留萌北部森林管理署 一般職員 石倉悠裕)

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader