このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    函館市本通小学校の樹木園で森林教室

     6年生を対象に木の名前と特徴を学習

    【駒ヶ岳・大沼森林ふれあい推進センター】 


    平成29年10月20日(金曜日)、函館市立本通小学校の樹木園で森林教室を実施しました。

    これは、本通小学校の6年生が毎年校庭にある木を調べて、5年生に伝えていくという取組をしていましたが、樹種名を確認するのが難しいと言うことで、当センターが支援することとなり、「本通樹木園マップ」を作成する森林教室として実施したものです。

    6年生の生徒と木園
    6年生の生徒と樹木園

    当日は、雨も心配されましたが、10月にしては暖かな日となり、本通小学校6年生の2クラス総勢48名で、樹種名と特徴について学習し、どんな種類の木がどれだけあるか調査しました。

    最初にセンターで用意したガイドブックを手に、木の名前や特徴を学習をしました。ほとんどの生徒が「初めて聞いた」と聞き慣れない樹種名で、覚えるのが大変そうでしたが、トチノキの冬芽のベトベトに「ほんとだ」と興味津々、アカマツとクロマツの葉をさわり「アカマツは柔らかい」「クロマツは痛い」など触れてわかる特徴はすぐに覚えていました。

    これが「ベタベタ」の冬芽のトチノキです
    これが「ベタベタ」の冬芽のトチノキです

    マツの葉を触ると痛い?柔らかい?
    マツの葉を触ると痛い?柔らかい?

    また、ネムノキでこの木はきれいな花が咲くとか、街路樹にあるナナカマドは赤い実がたくさん付いてると話すと、「知ってる」「見たことある」と木の特徴を知っている生徒もおり、「シラカンバ」とか「オンコ」などは名前を知っている生徒がたくさんいました。

    「葉を触ってみて!」
    「葉(イヌエンジュ)をさわってみて!」

    次回は、樹木園のどの木が何処にあるか、木の番号毎に調査して、「本通樹木園マップ」を完成させる予定です。

     

    (堀川 自然再生指導官)

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader