このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    「江差北小学校グリーンスクール」を開催

    【檜山森林管理署】 


    平成29年9月14日(木曜日)、江差町水堀の砂坂海岸林の「遊々の森」において、江差北小全児童約80名を対象に、砂坂海岸林の自然にふれ動植物の生態や植生など自然を観察する力を育むため、低学年(1、2年生)、中学年(3、4年生)、高学年(5、6年生)の3ブロックに分かれて森林教室を実施しました。

    開会式
    開会式

    低学年は、「森のスタンプラリー」を行いました。4班に分かれて9箇所のポイントを回り、各ポイントに設置した2択クイズに挑戦しました。「どうして海のそばにたくさんクロマツの木が生えているのでしょうか?」「今のかいがんりんのようすはどっち?」等、砂坂海岸林に関する問題に答えてもらいました。みんなで相談しながら、全問正解をめざし駆け回っていました。全問正解の班はいませんでしたが、「クイズの答えに迷ったが、楽しかった」との感想でした。

    森のスタンプラリー(答えはどっち?)
    森のスタンプラリー(答えはどっち?)

    森のスタンプラリー(現在の海岸林の様子は?)
    森のスタンプラリー(現在の海岸林の様子は?)

    中学年のブロックは木の輪切板、枝、マツボックリ、ドングリ、端材等を使った木工品制作を行いました。最初は材料を眺めながら何を作ろうか悩んでいましたが、まもなく材料を集めて制作に取りかかりました。材料の形がイメージと違うときは、「ここで切って」とか、「紐を通すため、穴を開けて」などのリクエストがあり、当署の職員は汗をかきながら、大忙しで対応しました。あまりにも木工品制作に熱中しすぎて、職員が「そろそろ仕上げにして下さい」と何回も声かけにも気にせず、終了予定時間を超える勢いでした。そのかいもあって、「カブトムシ」「かわいい動物」「リース飾り」等子ども達は創造力豊かな作品を次々と完成させていました。

    木工品製作
    木工品制作

    木工作品
    木工作品

    高学年のブロックは駒ヶ岳・大沼森林ふれあい推進センターの職員が講師となり「樹木博士認定会」を行いました。最初に砂坂海岸林を代表する12種について、ドングリの実がなるミズナラ、赤い実のなるナナカマド、針のような葉のあるクロマツなどそれぞれの覚えやすい特徴を交えて学習した後、認定試験を行いました。
    試験では、木の名前がなかなか思い出せない人もいましたが、答え合わせでは、12点満点が6割以上と優秀な成績でした。

    樹木博士認定会
    樹木博士認定会

    樹木博士認定会
    樹木博士認定会

    当日は、朝方に通り雨があり開催が心配されましたが、開始時間の頃には快晴となり、暖かな日差しの中、砂坂海岸林の自然に触れ親しむことができて、有意義な森林教室となりました。

    主任森林整備官(経営・森林ふれあい)  中野

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader