このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    札幌工科専門学生のインターンシップ体験記

    ~北海道森林管理局のことをもっと知りたい!!~

     


    平成29年8月21日(月曜日)

    今日から5日間インターンシップをさせていただきます。

    最初に森林や林業、森林管理局についての概要説明を受けました。

    次に野生生物の調査に使用する自動撮影カメラについての説明を受けました。


    続いて、定山渓の現場に移動し、実際に設置しました。
    まず、カメラが動物以外に反応しないように周りの草などを刈ります。
    次にカメラを木に巻き付けて設置します。

    何が写るのか楽しみに待ちたいと思います。
    本日の実習はこれで終了です。

    平成29年8月22日(火曜日)


    今日は、まず高性能林業機械による作業現場を見学しました。

    これは、フェラバンチャーという伐採をする機械です。

    こちらはハーベスターという伐採と枝払い、玉切りまで行う機械です。



    午後は、水源の森で下草刈りを行いました。
    雨の中の作業で大変でした。
    本日はこれで終了です。

    平成29年8月23日(水曜日)



    今日はまず樽前山に登り、支笏湖周辺の風倒木被害
    についての説明を受けました。




    その次に治山土木現場の見学をしました。
    普段あまり見学する機会のない、コンクリートの扱いの難しさや治山について
    のお話を伺うことができました。


    平成29年8月24日(木曜日)


    今日は奥定山渓の施業指標林に行きました。
    プロット内の胸高直径4センチ以上のものをすべて
    調査し、そのデータに基づいて伐採の計画を立てていることを学びました。


    ここは植物群落保護林です。
    ここには風穴があり冷たい空気が出ているので
    イソツツジなど高山植物が見られました。

    中山峠保護林にも行きました。
    ここは、周りが笹に囲まれていてそこに湿地があります。
    笹に囲まれているおかげでシカなどが入らず、
    また、人もあまり立ち入らないので植生が守られています。

    本日はこれで終了です。


    平成29年8月25日(金曜日)

    今日が最終日です。



    今日は初日に設置したカメラの写真を確認しました。
    シカやキツネやタヌキなどが写っていました。

    最後に、ホームページの作成を行いました。
    今回のインターンシップについて掲載します。


    石狩地域森林ふれあい推進センターのみなさん、北海道森林管理局のみなさん5日間ありがとうございました。
    普段はできない貴重な体験をさせていただきました。


                                                                                               (報告者:札幌工科専門学校 豊岡・中山)

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader