このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    朱鞠内小学校 夏の森林環境教育

      ~森林の中の生き物たち、どれだけ見つけられたかな?~

    【北空知支署】


    平成29年7月19日(水曜日)、幌加内町立朱鞠内(しゅまりない)小学校において森林環境教育を実施しました。朱鞠内小学校における森林環境教育は年4回、四季の変化を利用したスケジュールでの活動を計画しており、当活動は今年度2回目、夏の活動になります。

    今回の活動メニューは鞠内小学校舎裏にある「わんぱくの森」の散策。さらに、朱鞠内小学校は「平成29年度学校の森・子どもサミット」の発表者ということで、発表内容の復習も今回の活動メニューに取り入れました。当日は児童8名(全校児童)と教員2名、当支署からは6名の職員がサポートとして参加しました。

    わんぱくの森に入る前に

    森に入る前に、児童へ森に入るための注意事項を説明しました。夏真っ盛りの森の中は、スズメバチやマダニ、生い茂るウルシや前日の降雨によってできた地面のぬかるみなど危険がいっぱいです。児童たちはケガをしないよう熱心に説明に耳を傾けました。


    マダニには注意してください!

    わんぱくの森を散策

    森の中で、児童たちは2班に分かれて約900mの歩道を1周して、職員があらかじめ設置した樹木や草本、昆虫の名前が書かれたカード(30ヶ所)を探し、最終的にどちらの班が多くの生き物を見つけたかを競い合いました。カードにないものも見つけたら発見した数に加えても良いルールです。
    いずれの班も多くの生き物を見つけることができ、その数は僅差でした。プラカードにないものでは、セミの抜け殻、ギンリョウソウ、オニヤンマなどを見つけました。
    見つけた生き物には、よりよく知ってもらうために職員が説明しました。児童たちは興味深そうに目で見て楽しんだり、実際に手で感触を確かめたりしました。キハダのコルク状の樹皮を力強く押してみたり、トドマツのマツヤニを木の枝で押し出し、「楽しくて止められない」と話している子もいたりと、児童たちひとりひとりにとって興味深い森の中の出会いだったようです。

       
      キハダはどんな感触だったかな?   ほら、足下に!
       
      どれだけ見つけられたかな?   ミズナラの芽を観察

      

    昆虫の話

    森の中には多くの隠れていて見えない昆虫が生息しています。酢を使った罠にかかっていたマイマイカブリで昆虫の体のつくりを説明しました。体が頭・胸・腹に分かれていることや、胸の部位から6本の足と4枚の羽が生えているという説明に、児童たちはマイマイカブリをのぞき込み、じっくりと体のつくりを観察しました。ミヤマクワガタが登場すると児童たちは大興奮。オスの立派な顎に怖がりながらも興味が尽きない様子でした。

       
      マイマイカブリで昆虫の勉強   ミヤマクワガタと接触

     

    トドマツ・アカエゾマツの話

    森を奥に進むと、トドマツとアカエゾマツが並んでいるところがあります。児童たちはトドマツとアカエゾマツを見比べながら、同じマツの名前がついていても葉の形が違うことや、樹皮がスベスベであったりザラザラだったりと、その違いを観察したり、触ったりして確かめました。
    森を散策している途中、幹が大きく縦に割れたトドマツを発見。これは「凍裂(とうれつ)」といい、冬の寒さで樹内の水分が凍り膨張して割れるという説明に、児童たちは朱鞠内の冬の寒さを思い出しつつ興味深い様子でした。

       
      アカエゾマツとトドマツの解説   細い急な下り坂は慎重に!

     

    散策の後半には、連日の雨で滑りやすくなっている急な坂を、児童たちはロープに捕まりながら上手に下り、2時間にわたる散策を終えました。

     
    最後はみんなで記念撮影

    森林環境教育を終えて

    わんぱくの森を散策することで、学校のすぐそばの森林の中に多くの種類の生き物が生きていることを実感できたのではないでしょうか。
    「平成29年度学校の森・子どもサミット」は平成29年7月25日(火曜日)愛知県で開催されます。朱鞠内とは違う本州の暑さに負けることなく、朱鞠内の自然の魅力をたくさんの方に伝えてもらいたいと思います。
    今年度の朱鞠内小学校での次の森林環境教育は秋を予定しています。子どもたちがますます楽しんで森林について学ぶことができ、ひとつひとつの活動が心や記憶に残る活動となるようにこれからも努めていきます。

    (業務グループ 久保愛奈)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader