このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    心豊かで創造的に生きる力を育む「ふるさと学習」
    ~標津町立標津中学校のみなさんと~

    【根釧東部森林管理署】


    平成29年7月8日(土曜日)、標津町立標津中学校のみなさんと一緒に森林の働きや大切さを学ぶ講話や工作学習などの体験授業を行いました。

    標津中学校の総合的な学習の時間では、「ふるさと標津の特色を生かし、心豊かで創造的に生きる力を育む」ため、地域の人材を活用した「ふるさと学習」に取り組んでいます。今回、その一環として、学校より根釧東部森林管理署に協力依頼がありました。

    当署では、生徒のみなさんに林野庁職員の仕事、森林の働きや大切さへの理解を深めてもらえるよう、いくつかのプログラムを用意しました。

    林野庁職員はどんな仕事をしているの?
    まずは、「林野庁職員はどんな仕事をしているの?~森林官の仕事を中心に~」と題したスライドで、地ごしらえ~植樹~保育(下刈・除伐・間伐)~伐採を繰り返し、森林を育てるサイクル、そしてこれらに関わる森林官の役割などについて説明しました。

      林野庁職員の仕事について    
      林野庁職員の仕事について説明    

     

    高性能林業機械に興味が…
    今回の講話で林業機械についても触れてもらいたいとの要望があったことから、高性能林業機械(ハーベスタ)による間伐作業(当署制作DVD)を見てもらいました。
    みなさん高性能林業機械の迫力と性能に驚き、興味を示しているようでした。

      ハーベスターによる間伐作業  








      ハーベスターによる間伐作業       

     

    丸太切り体験
    樹種ごとに特徴(樹皮や堅さなど)が異なることも知ってもらうため、特徴がよくわかるイチイ・キハダを用意しました。のこぎりを使っての丸太切りに、「堅くて切れない!」、「もう疲れた!」と声を上げながらも、みなさん頑張って切り終えました。

      イチイの丸太切りに挑戦    
      イチイの丸太切りに挑戦      

     

    木材を使っての工作学習

    最後は、輪切りしたエンジュで工作学習を行いました。事前学習(7月5日)で各自デザインを考え下描きしていたエンジュの輪切りを、糸のこ、彫刻刀、はんだこて、やすりなどの道具を使用してコースターに加工しました。

     
      糸のこ盤で下描きにあわせて加工  
    はんだこてで文字やマークを入れました


      糸のこ盤で下描きにあわせて加工   はんだこてで文字やマークを入れました
      かわいらしい星形やミッキーマウス型の作品   アイディアあふれる作品の数々
      かわいらしい星型やミッキーマウス型の作品   アイディアあふれる作品の数々
       

     

    後日、この日の授業を振り返った内容について感想を教えていただけると聞き、楽しみにしています!
    この「ふるさと学習」をきっかけに、森林をもっと身近な存在として感じ、興味を持ってもらえたらと思います。


    (次長 横山宏幸)

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader