このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    滝上町立滝上小学校で森林環境教育を実施

    ~森林クイズ~

    【西紋別支署】


    平成29年2月21日(火曜日)、滝上町立滝上小学校において、6年生児童10名を対象とした森林環境教育を実施しました。

    この森林環境教育は滝上みどりの森林(もり)推進協議会主催で実施されており、今年度3回目の開催です。

    今回は、学校の教室で森林クイズを行い、これまで行った森林環境教育での学習を振り返りながら問題に答えていきます。

    1回目は8月25日に学校林にて森林についての学習とフィールドビンゴを
    2回目は11月29日に滝上郷土館にて滝上町の林業と歴史についての学習と生き物カードを使ったゲーム「私は誰でしょう」を行いました。

    さて、これまでの成果はいかがだったのでしょうか。

    これまでの復習
    昨年の開催時に全問正解者はいなかったという話に児童はざわめきました。
    (既に、ここまでの全問正解者が1名となっていました。)

    キノコの「食べられるきのこはどっち
    キノコの「食べられるきのこはどっち?」
    という問題の答えに、児童から驚きの声があがりました。


    ちなみに、その問題がこちらです。

    キノコの問題

     
    答えは、Aのタマゴタケです。お吸い物や鍋物にいれるとおいしいそうです。
    Bはニガクリタケという毒性が強いきのこです。間違えて食べて、死亡者がでた例もあるほどの毒性を持ちます。
    クリタケという食用のきのこに似ていることから、間違って食べないように注意が必要です。

    キノコは色や見た目で毒の有無を判断できないことから、むやみに食べるのは危険だということを学びました。

    児童の正解数を確認すると、全問正解者はいなかったものの、全員が半分以上の問題を正解していました。

    正解者 


    最後に問題の解説をして、今年度の森林環境教育を終了しました。

    来年度以降も協議会の活動に参画し、森林の大切さを伝えていきたいと思います。

    (総務グループ  大山)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader