このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    旭川農業高校生のインターンシップ

    ~自分の夢に向かって頑張って~

    【上川中部森林管理署 


    当署では、地元農業高校生の公務員への希望者が少ないと危惧しており、公務員のみならず、林業関係全体の担い手不足が喫緊の課題となっています。

    本年度、当署OB職員が学校に出向き、職場等の説明とインターンシップの受入を行う旨の説明を行い、平成28年10月19日から21日までの3日間、女子生徒1名の受入を行いました。


    初日は、署長室にて生徒を囲んで簡単なカリキュラム等の説明を行い、その後職員への紹介を行いました。

    生徒を囲んで
    生徒を囲んで

    職員へ紹介
    職員へ紹介

    職員の紹介後、管内概要の説明を行い、早速黒岳沢治山施行地の現場へ向かいました。

    現場で既存パンフレットを使って、治山事業を説明。

    黒岳沢がこれまでの治山ダム効果によって十数メートルも高くなり、下流への土砂流出を防止し層雲峡温泉街を守っていることに驚きと関心を持っていました。

    その後、場所を移動し、今夏の台風被害箇所などを見学し終了しました。

    治山施行地を図面で確認
    治山施行地を図面で確認

    治山施行地をパンフレットで説明
    治山施行地をパンフレットで説明

    二日目の午前中は、生産現場において、生産事業の概要説明、積まれた丸太の説明を受けました。

    さらに、S管打ちも体験してもらいました。

    生産事業について説明
    生産事業について説明

    丸太の説明
    丸太の説明

    S管打ちを体験
    S管打ちを体験

    午後からは、林道新設と改良工事の現場へ移動。

    新設された林道の概要説明。改良工事箇所では、シュミットハンマーによる構造物の強度検査の体験と構造物内部などの確認を体験しました。

    新設林道の概要説明
    新設林道の概要説明

    シュミットハンマーによる強度検査
    シュミットハンマーによる強度検査

    構造物の説明
    構造物の説明

    構造物の確認
    構造物の確認

    最後に、銘木市に搬入された当署の丸太を見学し終了しました。

    生産現場からの積み卸しを見学
    生産現場からの積み卸しを見学

    銘木市に搬入された当署の丸太を見学
    銘木市に搬入された当署の丸太を見学

    最終日の午前中は、嵐山・神居自然休養林(外国樹種見本林)を散策しながら、植栽された樹種の説明、歴史について学んでもらいました。

    外国樹種見本林の概要説明
    外国樹種見本林の概要説明

    姉妹都市20周年を記念した植樹箇所の説明
    姉妹都市20周年を記念した植樹箇所の説明

    署へ戻り、入札会場での入札執行の様子を見学したり、文書管理の実務を学んだでもらうなどの体験をしてもらいました。

    午後からは、輪尺等の使い方などを職員から教わりながら、収穫調査を体験、野帳の整理等を学んでいました。

    また午後の締めくくりとして、若年職員との懇談が行われていました。

    職員から職場を選んだきっかけ、入ってみてどうだったかなどを聞きながら、和やかなムードの中で懇談は終了しました。

    (今後に役立ったかな~?!)

    若年職員との懇談
    若年職員との懇談

    職員と記念撮影
    職員と記念撮影

    最後に、職員との記念撮影を行い、3日間のインターンシップを無事終了しました。

     

    後日、生徒から、

    お手紙

    職員一同、”自分の夢に向かって頑張って”と応援しています。

    (三浦森林技術指導官)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader