ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > なんでも体験クラブ(森で遊ぶ2)


ここから本文です。

 

森林のこともっと知りたい 

なんでも体験クラブ(森で遊ぶ2)

~ 自然を身近に感じて 

【留萌北部森林管理署】

参加した児童、保護者のみなさん

参加した児童、保護者のみなさん


平成28年10月15日(土曜日)、初山別村の学校林(国有林)において教育委員会主催の森林教室に講師として参加させて頂きました。

当日は心配されていた雨も上がりまずまずの天候で、小学生児童8名、保護者4名が参加し、自然を身近に感じてもらいました。

はじめに、事前に拾ってきていたドングリの種を一粒ずつポットに埋めていきます。

種の埋め方の説明をしていると、子供達は素直に耳を傾けて真剣な眼差しで聞いてくれていて、とてもやりがいを感じました。

ドングリの埋め方の説明

ドングリの埋め方の説明 

種を埋めている様子

種を埋めている様子

 ドングリをポットに埋めたら、林内に設置します。

側には、杭に名前等を書き金づちで打ち込むのですが、慣れない子も多い中、高学年の子が低学年の子に手助けするなど、心温まる場面も見られました。

 木杭を打付け

木杭打付け

 

 次に、夏に好評だった水切りを行いました。

前回参加者の子供達は、こつを掴んでいた様子で回数が伸びていました。

なかなか、水切り等の機会は少ないので保護者にも参加して頂き、余った石も全部使い切るなど、和気藹々と楽しんで頂けました。

 水切り風景

水切り風景

 何回行ったかな

何回行ったかな

 最後に、事前に採取したヤマブドウ・コクワ・マタタビの試食をしてもらいました。

ほとんどの子供達が食べるのが初めてで、おそるおそる食べているのが印象的でした。

ヤマブドウの酸っぱさに顔を歪める子や、マタタビの独特の苦みに顔を引きつる子などいましたが、山の恵みを味わって頂きました。

中でも、コクワが人気で「キウイ」みたいと声に出して感激していた子が多くいました。

 こくわ・またたび等試食

こくわ・またたび等試食

 やまぶどう試食

やまぶどう試食

 終了後、また次回冬にやって頂けないかと教育委員会の方から誘われ、冬も是非子供達の笑顔が沢山見れるように企画したいと思いました。

(中家 森林技術指導官)

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集