ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 「山の日」を記念し森林教室


ここから本文です。

 

森林のこともっと知りたい 

「山の日」を記念し森林教室

~ チャレンジドフェア・イン・夕張~ 

【空知森林管理署】


国民の祝日「山の日」が制定され初めての祝日となった8月11日、夕張市の障がい者自立支援施設ぱれっとふぁーむ(市内南部夕南町)において「チャレンジドフェア・イン・夕張」(アクティブチャレンジ夕張実行委員会主催)が開催されました。

このイベントは施設の利用者が地域住民等の参加者との交流や各種体験活動を通じて、コミュニケーション力の向上と「できる個性の力」を創出することを目的として行われたものです。

空知森林管理署は同施設においてこれまでも森林教室を行ってきたご縁から、このイベントに協力させてもらうことになり、当日は施設利用者やその家族、地域のみなさん等の多数の参加がある中、「山の日」を記念した特別プログラムで森林教室を実施しました。

教室では、田之畑署長と森林ふれあい担当者が講師を務め、草花をちりばめて楽しむ万華鏡を作り、施設に隣接する国有林で森林散策を行いながら草花を採取し、万華鏡にちりばめてのぞき、その美しさを楽しみました。

また、施設で春から育ててきたエゾサンショウウオを水辺に「放流」し、自然に帰す体験や木の幹に聴診器を当てて木の音を聞く体験も行いました。

参加者のみなさんは、万華鏡を通して自然の草花を見ることで、今まで気がつかなかった美しさに感心し、木の音を聞く体験では聴診器を木のいろいろな所に当てて、「何か聞こえる!」と歓声をあげていました。

また、「今まで地域の山に入ることがあまりなかったので、山の日を契機に森の中を歩くことができ、その魅力を再発見できました。今後もこのような機会をぜひ作ってほしい。」と生き生きとして話していました。

とても暑い夏の一日でしたが森の中は涼しく、心地よい空気の下で、参加者のみなさんには元気に森林教室を楽しんでもらうことができました。

「山の日」の制定を契機として、これからも地域のみなさんに山や森林に親しんでもらうことができるよう、今後もこのような機会を作っていくことができればと思っています。

(妻鳥 主任森林整備官)

山の日の制定趣旨を紹介する田之畑署長

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」
山の日の制定趣旨を紹介する田之畑署長

幌南太鼓

開会式で披露された夕張市南部地域有志による
幌南太鼓の迫力ある演舞

 森林へ入る前にみんなで万華鏡作り

森林へ入る前にみんなで万華鏡作り

 署員がお手伝い

万華鏡づくりを署員がお手伝い「上手にできたかな?」

エゾサンショウウオにみなさん興味津々

エゾサンショウウオにみなさん興味津々。
エゾサンショウウオに詳しくなったところで国有林へ→

エゾサンショウウオを森の中の湿地に放流

施設で育ててきたエゾサンショウウオを森の中の湿地に放流、
「みんな元気でね~!!」

色々な草花を集めました

森林の中を歩きながら、万華鏡にちりばめる色々な草花を集めました。

世界に一つだけの万華鏡

自然の草花を入れた、世界に一つだけの万華鏡
「わあ~きれい!!」

聴診器を使って木の音を聞いていみよう

聴診器を使って木の音を聞いていみよう
どんな音が聞こえるかな、それは何の音なのかな?

森林散策を終えて記念撮影

沢山の発見があった森林散策を終えて記念撮影。
実りの多い「山の日」になりました。


 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集