ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 北広島市で木工クラフト教室を開催


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

北広島市で木工クラフト教室を開催 

~西部地区・大曲地区で開催~

【石狩森林管理署

木の特徴についてお勉強

木の特徴についてお勉強


北広島市教育委員会生涯学習振興会主催で平成28年7月28日(木曜日)に、西部地区にて「木工クラフト教室」、29日(金曜日)に大曲地区にて「夏休み木工クラフト教室」が開催され、石狩森林管理署職員が講師となり、木工クラフト制作の指導と森林や木についてのお話しをしてきました。

両地区の参加者は4歳から保護者までと幅広く、総勢70名の参加がある毎年好評のイベントとなっております。

木工クラフト作りを始める前に、北広島市の国有林を管轄する木村首席森林官より北広島市の国有林についての話しのあと、輪切りにした木とボルトを使いながら、木材と金属との違いや特徴について、実際に触れたり水に入れてみたり、重さをはかったりして特徴を学びました。

その後、森林管理署で準備したドングリなどの木の実や枝を自由に選び、木工クラフト作りに取り組みました。

 どちらが重いかな?

どちらが重いかな?

素材選び

どの材料を使おうかな?

ホットボンドで接着作業

ホットボンドで接着、熱いから気をつけてね。

制作品を披露する児童

こんなめがねもおもしろいでしょ。

作品を作っている途中、子供たちからの「この枝を半分にしてください。」などの創作を工夫するお願いがあったり、いろいろな材料を使って想像力豊かに作品を完成させていました。

今年から「山の日」が制定されたことから、この木工クラフト教室を通じて木や森に親しみをもってもらい、実際に森に出かけドングリや松ぼっくりなど、森からの贈り物を楽しみに散策してもらえればと思います。

完成品

作品完成です。

完成品

チョコボールのキョロちゃんかな?

 (井上 森林整備官)

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集