ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 江別市立野幌小学校 「春の森林教室」


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

江別市立野幌小学校 「春の森林教室」

~遊々の森「元気の森」で森の学習~

【石狩森林管理署 】

江別市立野幌小学校の皆さんと

江別市立野幌小学校の皆さんと


平成28年5月25日(水曜日)に江別市立野幌小学校の全児童(48名)が、野幌国有林で春の森林観察を行いました。
今回は、保護者の皆さんも多数参加しにぎやかな活動となりました。

野幌小学校と「遊々の森」協定をしている「元気の森」までは小学校から遊歩道が続いていて、歩いて行くことができるようになっています。
春、秋、冬と1年を通して森林での活動があり、北海道林業技士会のサポートを受けて、毎回少人数のグループに分かれ季節に応じた体験メニューを楽しんでいただきました。

今回は小学校から原の池に出てカラマツコースという遊歩道を歩き、お弁当を食べ再び小学校まで徒歩で戻るという約4km弱の行程でした。

初デビューの1年生は長い距離でしたが、一生懸命講師の先生の話を聞きながら林内散策を楽しみました。
2年生から高学年は冬に印をつけた冬芽が春を迎えてどのような変化を遂げたか観察しました。

途中、樹木クイズを交えながら木の直径を測ってみたり、木の高さを当ててみたり、材の性質などについて詳しく学びました。
漢方薬に使われる黄色いキハダの皮をかじった子供たちは「うえっ」と渋い顔をしていました。

途中、ウグイスの声を聞いたり、大きなフキを傘のようにさしてみたり、ソフトクリームのような形のカタツムリ(オカモノアラガイ)をたくさん見つけたり、珍しい笹の花を見つけては、ワイワイ賑やかな声がたくさん飛び交っていました。

お弁当を食べた後は全員で森のビンゴゲームをして楽しみました。

五感をフル活動してスポンジのように、なんでも吸収していく子供たちです。

これからも、森林での活動を通じて、心豊かな人間形成と森林への一層の理解を深めていただけるように野幌小学校の活動を応援して行きたいと思います。

(木村 首席森林官)

 林内散策を楽しむ児童

林内散策を楽しむ児童

 説明を聞く児童たち

樹木クイズの説明

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集