ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 岩見沢市立美流渡小学校「生活・総合発表会」


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

岩見沢市立美流渡(みると)小学校で「生活・総合発表会」

~子どもたちが森林について調べて発表~

【空知森林管理署 】 


空知森林管理署では、子どもたちに森林に親しみ、その自然のすばらしさを感じ、その大切さを学んでもらう「森林ふれあい事業」に取り組んでおり、平成27年度は、その一環として岩見沢市立美流渡小学校4~6年生のみなさんと四季を通じた森林教室を計5回のプログラムで実施し、2月18日で終了したところです。

その後、森林教室に参加したみなさんは、これまでの森林教室を通じて気づいたこと、興味を持ったことなどをさらに調べて模造紙にとりまとめる「自由研究」を行い、その成果を授業参観日の「生活・総合発表会」で報告してくれることになりました。

 

空知森林管理署にもその招待状をいただき、3月2日に署長と森林教室のスタッフ3名で小学校へお邪魔させていただきました。

当日はお父さん、お母さんが参観に来校しており、子どもたちはいつになく緊張した顔をしていましたが、発表会が始まると、創意工夫してとりまとめた壁新聞の前に、自信たっぷりの凜々しい顔で立ち、森林のはたらき、森林の木の実、動物、植物、虫など、それぞれが興味を持った内容について大きな声で発表してくれました。

発表する児童

壁新聞には、森林には、洪水を防いだり、雨水をきれいな水に変えたり、動物のすみかになっていたり、二酸化炭素を吸収して酸素をはき出すというはたらきがあること、クマやスズメバチなどの森林にいる動物・虫の危険度ランキングとその対処法などについて詳しく調べ、ランキング形式なども用いながらわかりやすくまとめてありました。

また、クマに出会わないために山の中では音を鳴らした方がよいこと、「虫のトラップ」でとれた虫のことなど、森林教室でわかったことや感想についても話してくれました。

壁新聞にて発表

発表の中では「1本の木からコピー用紙は何枚作れる?」、「一番、渋くないどんぐりはどれ?」といったクイズも出題され、お父さんやお母さん、子どもたち、みなさんで楽しみながら答えを出し合っていました。

グループ別に壁新聞披露・発表

どの新聞も一生懸命書かれており、私たちが森林教室を通して伝えたかった「森林のはたらきやすばらしさ」についても、さらに自分たちで調べ、わかりやすくまとめてあり、みなさんが森林についてしっかりと学んでくれたことを強く感じ、とても嬉しくなりました。

これからも、森林について気になったこと、興味があることを今回のように調べることを通して、美流渡の森林をもっと好きになってほしいと思います。

また来年もみなさんと森林教室で会えることを楽しみにしています。
美流渡小学校のみなさん、ありがとうございました!!

(業務グループ 島田 菜摘)

美流渡小学校での全5回の森林教室は下記に掲載していますのであわせてご覧ください。
空知森林管理署ホームページ http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/sorati/fureai/051105.html

 

 

お問い合わせ先

空知森林管理署
ダイヤルイン:0126-22-1940

森林管理局の案内

リンク集