ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > カンジキウォークと森の樹木について


ここから本文です。

 

森林のこともっと知りたい 

カンジキウォークと森の樹木について

~ 白老ノルディックウォーキング愛好会と連携 ~ 

【胆振東部森林管理署】

参加者の皆さんと記念撮影

参加者の皆さんと記念撮影 


平成28年2月28日(日曜日)、白老町にあるポロト自然休養林(胆振東部署管轄)にて、「カンジキウォークと森の樹木について」(主催:ポロト自然休養林保護管理協議会・主管団体:白老ノルディックウォーキング愛好会)が開催されました。

当日は天候にも恵まれ、白老町内外から30名参加があり、当署から4名が参加しました。
カンジキについては、当署で用意したものを参加者に履いてもらいました。

梅木署長による、出発前挨拶

梅木署長による、出発前挨拶

望岳台へ向かう途中

望岳台へ向かう途中

出発に先立ち、梅木署長より挨拶がありその後、ビジターセンター前にて集合写真を撮りました。

準備運動後、いよいよ雪化粧した樽前山を一望できる「望岳台」を目指す、往復約3キロの雪中ウォーキングに出発です。

道中は、雪の少ないところが続いたため、カンジキを外してウォーキングをする参加者や、昨年の台風による木が倒れていた場所では、倒木を跨いで通る場所もありました。

望岳台へ向かう途中には、ホロホロ山、オロフレ山、白老岳などの美しい景色も見ることができました。

望岳台からの樽前山

望岳台からの樽前山

望岳台から下山する途中

望岳台から下山する途中

望岳台に着くと樽前山を背後に記念撮影し、しばしの休憩後、下山しました。

ビジターセンターに戻り、参加者全員での昼食後、梅木署長により日本の森林の状態や森林の公益的機能の説明がありました。

また、今年の8月11日に施行される「山の日」について話題では、知らない参加者もいたため良いPRの場になったようです。

梅木署長による講話

梅木署長による講話

昨年に続き雪の少ない中での開催とはなりましたが、参加者のみなさんには思い思いに楽しんで頂けたのではないでしょうか。

(業務グループ 林田昌己)

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集