ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 岩見沢市立美流渡小学校で森林教室パート5


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

岩見沢市立美流渡(みると)小学校で森林教室パート5

~美流渡の森の”身体測定”をしよう!

四季を通じたプログラムで美流渡の森を感じよう!~

【空知森林管理署 】

記念撮影

「美流渡の森の”身体測定”をしよう!」   


空知森林管理署では、子どもたちに森林に親しみ、その自然のすばらしさを感じ、その大切さを学んでもらう「森林ふれあい事業」に取り組んでおり、平成27年度は、その一環として岩見沢市立美流渡小学校4~6年生のみなさんと四季を通じた森林教室を計5回のプログラムを用意して実施しています。

平成28年2月18日(木曜日)に第5回のプログラムとして、「美流渡の森の”身体測定”をしよう!」を実施しました。

これは、美流渡小学校の子どもたちにとって身近な森林である「美流渡神社」の鎮守の森の木々の高さ・太さなどを森林官が山仕事で使う調査用具を使って”身体測定”(調査)することを通して、森林への親しみをさらに深めてもらおうと企画したものです。

当日は、まず教室で”森の身体測定”とも言える「森林調査」は、森林づくりの計画を立てたり、その森を守り育てるために大切なものであることをスライドを使って説明しました。
そして、この作業で使う、木の高さを測る「ワイゼ式測高器」、「測竿(そっかん)」、幹の太さを測る「輪尺」を実際に使って、測定方法の練習を行いました。

これは、木の幹の太さを測る「輪尺」(りんじゃく)といいます

木の幹の太さを測る「輪尺」(りんじゃく)といいます

「ワイゼ式測高器」の使い方

「ワイゼ式測高器」の使い方

こちらは「測竿」といいます

こちらは「測竿」といいます

子どもたちは、「輪尺」で先生や友達の「直径?」や、「測竿」、「測高器」を使って教室の天井の高さを代わる代わる測って練習しました。

「ワイゼ式測高器」の使い方が難しいようでしたが、使い方を子どもたち同士で教えあいながら、しっかりマスターしていました。

「スノーシュー」を長靴に装着

「スノーシュー」を長靴に装着

森の”身体測定”をはじめましょう

森の”身体測定”をはじめましょう

 
調査用具の使い方を覚えたところで、雪の上を歩くためのかんじき「スノーシュー」を長靴に装着し、校舎の近くにある美流渡神社へ向かいました。

この木の高さは40mじゃないかな

この木の高さは40メートルじゃないかな

「ワイゼ式測高器」を使って

「ワイゼ式測高器」を使って

 

鎮守の森には先人たちによって植えられ、大きく育った杉林が広がっています。

「この木の高さは40メートルじゃないかな!」と子どもたちは予測し、早速、「ワイゼ式測高器」を使って測ってみると結果は「約20メートル」。

「もっと高いと思った!」と、ちょっと残念がりながらも、「もっと色々な種類の木の高さを測ってみたい!」、「帰ったら校舎の屋根の高さも測ってみたい!」と、どんどん調査を続けていました。

木の幹の太さも「輪尺」で測りました

木の幹の太さも「輪尺」で測りました

「調査ノート」にしっかり記録

「調査ノート」にしっかり記録

 

また、木の幹の太さも「輪尺」で測りました。

幹の太さは地面から1.3メートルの高さで測るという基準があるため、輪尺を当てる位置は「もう少し上じゃないかな?」などと声を掛け合いながら進めていきました。

木の名前、高さ、幹の太さなど、調べた内容は「調査ノート」にしっかり記録して教室へ戻りました。  

 模造紙にとりまとめ

模造紙にとりまとめ

 結果や感想1

 結果や感想等を協力しあいながら、

 結果や感想2

 模造紙に大きく書き込みました。

教室に戻ると調べた内容を模造紙にとりまとめます。

子どもたちは調べてきた木の高さ・太さから木の体積である「材積」を求めることができる「材積換算表」を使って計算し、その結果や感想等を協力しあいながら模造紙に大きく書き込みました。   

調査結果の発表会

調査結果の発表会   

最後に、この模造紙を黒板に貼ってグループ毎に調査結果の発表会を行いました。

「幹の太さが58センチメートルで、高さが20メートルの杉の木は材積が2.07立法メートルでした」と正確な数値の発表や、「(子どもの背では)輪尺で測る位置が高くて大変だった」、「測高器を工夫しながら使って楽しかった」、「森の中で見つけたエゾリスの足跡がかわいらしかった」、「森林調査に行って森林の色々なことがわかった」など沢山の感想も出されました。

今回のプログラムは、調査用具を使うものでしたが、子どもたちはすぐにその使い方を覚え、工夫しながら、楽しく”森の身体測定”に取組み、調査結果をしっかりと発表してくれましたした。

その発表からは身近にある森に、さらに親しみを感じてくれたことがよくわかり、大変有意義な一日となったのではないかと思っています。

さて、平成27年の初夏から5回シリーズで行ってきた美流渡小学校のみなさんとの森林教室も今回で一区切りとなりました。

森林の中を歩き、五感で感じてもらったことは、子どもたちにとって数々の「気づき」につながり、森林への興味・関心を深め、さらにはみなさんの住む町「美流渡」の自然のすばらしさを改めて感じてもらう機会となったのではないかと思います。

スタッフ1

スタッフ2

スタッフ3

空知森林管理署の森林教室のスタッフも美流渡小学校のみなさんと、本当に楽しい一年を過ごすことができました。

また、みなさんと一緒に、元気に美流渡の森を歩ける日を楽しみにしています。

主任森林整備官 妻鳥
業務グループ 島田
総務グループ 若林

 これまでのプログラムは下記に掲載していますのであわせてご覧ください。
 空知森林管理署ホームページ http://www.rinya.maff.go.jp/hokkaido/sorati/fureai/051105.html

 

 

 

お問い合わせ先

空知森林管理署
ダイヤルイン:0126-22-1940

森林管理局の案内

リンク集