ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 千歳市立支笏湖小学校で森林教室


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

千歳市立支笏湖小学校で森林教室

~スノーシューを履いて冬の森を探検しよう!~

【石狩森林管理署 】


この樹は何の樹

石狩森林管理署と平成21年より遊々の森協定を締結している千歳市立支笏湖小学校では年2回の森林教室を実施しています。

 

平成28年2月1日(月曜日)に2回目となる森林教室を実施し、今回は高知県南国市立奈路小学校の5・6年生と保護者などからなる交流団を交えての実施となりました。

 

支笏湖小学校と奈路小学校は平成9年に新千歳空港と高知龍馬空港間の直行便が飛び始めたことをきっかけに隔年で相互訪問が始まり、その便がなくなった現在も「心の直行便」として交流活動を行っています。

 

今回の森林教室では学校裏にある「支笏湖遊々の森」の中で冬芽や樹皮を観察したり、エゾシカやエゾユキウサギなどの動物の足跡を探したりと、スノーシューを履いて冬ならではの森を探検しました。

 

森林教室の最後には両校の児童たちから「高知とは違う森で新しい発見があった」、「今までと違う見方で森をみて楽しかった」などの感想とお礼の言葉をいただきました。

 

 

出発前に箱の中身に触ってみよう!

答えは森の中にあるよ。

 

「ふわふわ」・「ガサガサ」・「トゲトゲ」

中身は何かな?

出発前に箱の中身に触ってみよう

この森にはどんな動物がいるかな

 

この森にはどんな動物がいるかな?

 

シカ、ウサギ、テン、ネズミ…

 

森林官に足跡の特徴を教えてもらいました!

 

 

枝の先を見てみよう。

木によって形や大きさが違う「冬芽」がついているね。

これは葉っぱの大きい「ホオノキ」の冬芽だよ。

 

 


トゲトゲが付いている

 あれ?こっちの木にはトゲトゲが付いている。

 

   枝の先を見てみよう

【最後に箱の中身を答え合わせ】

最後に箱の中身を答え合わせ

僕が感じた「ガサガサ」はこれ!

 

 

「トゲトゲ」したもの

私は「トゲトゲ」したものを感じました。

二人の答えは同じ「ハリギリ」。さて正解は?

ハリギリ

(左)ハリギリの樹皮(右)キタコブシの冬芽

 

 

感じた表現は違うものの同じ正解にたどり着きました!

 

ちなみに、高知の森とどのような違いがあるか聞いてみると、「葉っぱがない」、「雪がある!」、「寒い」、「高知の森にはスギやヒノキがいっぱい、竹林もあって全然違う」という違いを教えてくれました。

 

奈路小学校の周辺はスギやヒノキの人工林が多いに対し、「支笏湖遊々の森」はヤマモミジ、センノキ、ハルニレ、ヤチダモなどの広葉樹が主体となった天然林であり、落葉した森の様子はとても印象的だったようです。

 

 

 

(片山 森林整備官)

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集