ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 日高町立門別小学校で森林教室を開催


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

日高町立門別小学校で森林教室を開催

~自然の中には面白いものや不思議な物が~

【日高北部森林管理】

ビンゴ完成したかな?結果発表

ビンゴ完成したかな?結果発表

平成27年9月25日(金曜日)、日高町立門別小学校(全校生徒141名)1年生22名、2年生23名を対象に門別小学校の学校林(スロープ奥林)において中田森林技術指導官、三ッ山門別森林官ほか3名による森林教室を開催しました。

森林教室は、生活科体験学習の授業としてゲームを通して観察する目、五感を使って感じ取る能力を養うことを学習のねらいとして、色や手触り、見方、樹木の音によって自然の中には面白いものや不思議な物があることに気づいてもらうことを目的としています。

今回の森林教室では、当署で用意した、フィールドビンゴとブラックボックスを使って行います。

1年生は、森の中でフィールドビンゴを行いました。
フィールドビンゴは、カードに書いてある「かたつむり」「きのこ」「ながいはっぱ」等を森の中から探して、ビンゴを完成させるゲームです。
最初は探すのに苦労していた子供たちも徐々に、見つけては「揃ったよビンゴだ」と大きな声をあげ、ビンゴを完成させていました。

また、沢あそびではカエルを見つけて大喜びしていました。

2年生は、ブラックボックスを行いました。
ブラックボックスは、あらかじめ職員が採ってきた「カシワの葉」や「ハンノキの種」等を箱に入れておき、箱から引いた物を子どもたちが森の中に行って探すゲームです。
見つけるのに苦労していた子供たちも、職員からヒントをもらうと全部の班が森の中で、ブラックボックスから出てきた物と同じ物を見つけることができました。

また、沢遊びではニホンザリガニを見つけて身近にある自然の豊かさを実感していました。

今回の森林教室で、子供たちが自然の中で五感を使いながら、生き物にふれあい、森に親しんでもらうことで森林を身近で大切な物だと実感してもらう良い機会になったと思います。

 (中田森林技術指導官)

 どんな音が聞こえるかな

どんな音が聞こえるかな

 森の中を探すぞ

森の中を探すぞ

 ヒントを参考にしてね

ヒントを参考にしてね

 ザリガニ見つけるよ

ザリガニ見つけるよ

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集