ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 朱鞠内小学校 春の森林環境教育


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

朱鞠内小学校 春の森林環境教育

~ 遊々の森「わんぱくの森」で森林環境教育~

【北空知支署 】

 遊々の森をバックに記念撮影

遊々の森をバックに記念撮影


 

空知森林管理署北空知支署では、幌加内町の2小学校と「遊々の森」の協定を締結しており、平成27度も朱鞠内小学校は年3回、幌加内小学校では年1回の森林環境教育を実施する予定です。

今回は、幌加内町立朱鞠内小学校で実施した1回目の森林環境教育について紹介します。

森林管理署の仕事

平成27年4月22日(水曜日)、遊々の森「わんぱくの森」において、春の森林環境教育を行いました。
始まる前は小雨がぱらつきましたが、日頃の行いがよい児童たち(私?)のおかげで天気は回復。

今年は、新1年生3名が新たに加わり全児童11名と教師5名が参加し、北空知支署からは幌加内森林事務所首席森林官など3名の職員が森林環境教育をサポートしました。

今回の森林環境教育では、森林管理署の仕事の一部を体験してもらうこと、遊々の森にある自然のものを探してもらうゲームを企画し、春へ向かう森の様子を学んでもらうことを目的として実施しました。

まずは、森林のはたらきと森林管理署の仕事を写真を使いながら説明します。

森林管理署の仕事は「森を守るしごと」「森林をこわすしごと」のどちらかとの問いに対して児童の一人が「森林をこわすしごと!だって木を伐っているもん」との答えがあり参加した大人たちは一同苦笑い(汗)

なぜこのような仕事をしているか、森林の持つはたらきや森の状態によって木を伐らなければならないことなどを説明しました。

仕事の内容について説明
仕事の内容について説明、みんな真剣です

おしごと体験、森で探し物

前半は、冬期間の主な仕事である林況調査で使用する輪尺を使用して木の太さを測る作業、測高器を使用して樹高をはかる作業を体験してもらいました。

遊々の森にある色々な太さの木を測ったり、木の高さを目測で見てもらい測高器を使用して高さを確認しました。
また、造林地測量で使用するコンパスを実際に触れてもらい、少しではありますが森林管理署の仕事を体験してもらいました。

 色々な木の太さを測っています
色々な木の太さを測っています

 コンパスで測量体験
コンパスで測量体験

後半は遊々の森にある「春らしいもの」「森の落とし物」を探してもらうゲームを実施しました。

予め遊々の森で拾ったものを穴の空いた箱の中に入れて、手を入れて手探りで絵を描いてもらい、森の中から探すというものです。
11人の児童を3チームに分かれてゲームスタート。

「春らしいもの」としてヤナギの新芽、「落とし物」は松ぼっくりとウサギの糞!?(木粘土で作った偽物です)の3つを選択。
子供たちの感がよく、1つ目のヤナギの新芽や2つ目の松ぼっくりはすぐにわかったようでした。
3つ目のウサギの糞は最初わからなかったようですが、次第に「ウ○コだ!!)」、「ウサギのウ○コ!!」とにわかに騒ぎ出しました。

各チームとも絵を書き終え、森の中で探してもらいましたが、全てのチームが探し当てることができました。
答え合わせの後、ヤナギや松ぼっくりの特徴、ウサギの足跡や毛の生え替わりなどの特徴について説明したほか、近年、被害多くなってきているエゾシカについても写真を使用し、森林に生息する動物について説明しました。

最後に、シラカバ樹液を採取し、参加した児童や教師に飲んでもらいました。

樹液を楽しみにしていた子もいたようで、採取する管から直接口にして飲むワイルド?な子供もいました。

 箱の中には何が入っている?
箱の中には何が入っている?

ヤナギの新芽を発見!!
ヤナギの新芽を発見!!

上手に描けたかな?
上手に描けたかな?

マツボックリを探しています
マツボックリを探しています

森林環境教育を終えて

一通りのメニューを終えて、参加した児童からは「木を測ったりして楽しかった」「シラカバ樹液がおいしかった」などの感想がありました。

私は森林環境教育業務に携わって2年目になりますが、子供の中には「森林の伐採=悪いこと」という概念があることに気づかされ、森林環境教育などを通じて森林・林業に関する正しい知識を伝える必要があると改めて感じました。

また、森林のもつ様々な機能について子供たちに伝えることが重要でありますが、子供たちの楽しそうな姿を見ていると、ただ知識を教えるだけではなく実際に体験しながら、また、楽しみながら教えていくことが重要と感じているところです。

今後も、地域の皆様の意見を取り入れながら、より良い森林環境教育ができるよう、努めていきたいと考えています。

エゾユキウサギはどっち?
エゾユキウサギはどっち?

シラカバ樹液を味見
シラカバ樹液を味見。先生、おいしい?

(岩館 主任森林整備官) 

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集