ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 支笏湖小学校 秋の森林教室


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

支笏湖小学校 秋の森林教室

~森林の面白いものをたくさん知って ~

【石狩森林管理署 

サルナシについての説明

サルナシについての説明


 

 平成26年10月24日(金曜日)、千歳市立支笏湖小学校と協定を締結している「支笏湖遊々の森」において、全校生徒16人を対象に今年度2回目の森林教室を行いました。

まず、つる切(注)について学びます。

 
つる切とは何をする作業なのか、切る対象のつるはどんな植物なのか、なぜつる切をする必要があるのかについて説明しました。


つるの特徴を話す際、昔は吊り橋の材料にもなっていたことなどを話すと子ども達は驚いていた様子でした。

 
説明の後、のこぎりを持って遊々の森へ入り、実際に作業を体験しました。

 
子ども達につるを探してもらいながらの作業で、「あれ切れるよ!」とつるを見つけては、積極的に作業を行います。

 
「太いのが切りたい!」と太いつるにも挑み、上手にのこぎりを使って切っていました。

 
また、切った後のつるから、吸い上げていた水分が出てきたことに気付いたり、「キュウリみたいなにおいがする!」と断面のにおいを嗅いでみたりと、楽しみながら自然と触れ合うことができたのではないかと思います。

最後に、「つるに年輪はありますか?」「つるの寿命は?」「サルナシの実はいつなりますか?」などの質問に答え、「サルナシの実を食べてみたい」「つるが切れると気持ちよかった」との感想を聞き、この日の森林教室は終わりました。

来年も森林教室などを通じて、森林の面白いものをたくさん知ってもらい、自分から学習するきっかけ作りをお手伝いできればと思います。

(注)つる切

樹木に巻き付いたつる類を切って取り除き、成長を促す作業のこと。

(業務グループ 三幣)

つる切についての説明
つる切についての説明

頑張ってつるを切っています

頑張ってつるを切っています

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集