ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 遠別小学校1年生の森林教室


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

 遠別小学校1年生の森林教室

~ 秋の野原~

【留萌北部森林管理署 

木との関わりついて説明する首席森林官

木との関わりついて説明する首席森林官


 

平成26年10月22日(水曜日)、遠別町富士見ヶ丘公園において遠別小学校1年生22名の児童と森林教室を開催しました。

はじめに、髙橋遠別首席森林官から、「木が日常生活の中で私たちと関わりが深いこと。いろいろな使われ方をしていること」等を説明した後、4つの班に分かれ森林散策を行いました。

今年はドングリも豊作の年で、好奇心旺盛な児童たちは、我先にといわんばかりに拾い集めたり、マツポックリやナナカマドの実を見つけては集めたり、樹種によって違う葉や、イタヤの翼果に、はしゃぐ児童もおり興味を示していました。

また、輪尺をつかって、樹木の径級を測ったりしました。

森林教室が終わる頃には、用意していたビニール袋が破れそうになるぐらい、木の実や葉を集めていました。

最後に、遠別首席森林官から「木は重要な働きをしています。それは、空気をきれいにしてくれます。」と話すと、みんな真剣に聞き入っていました。

こうして日を射す秋空の下、無事、森林教室を終了しました。

(渡邉 森林技術指導官) 

樹木の説明
樹木の説明をしています

 ドングリ拾いの様子
木の葉について説明しています

ドングリ拾いの様子 
みんなでドングリ拾い

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集