ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 幌加内小学校 夏の森林環境教育


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

幌加内小学校 夏の森林環境教育

~ 樹木をとおして、身近な自然を~

【北空知支署 】

記念撮影

校庭で記念撮影


 

平成26年6月25日(水曜日)、幌加内町立幌加内小学校において、5年生の児童9名と先生1名による森林環境教育を開催しました。

今回の森林環境教育では、幌加内小学校の校庭に生育している樹木をとおして、身近な自然を知ってもらい、森林の大切さなどを理解してもらうために実施しました。

当署からは、4名の職員が今回の森林環境教育をサポートします。

森林環境教育では、職員手作りの中身が見えない箱(ブラックボックス)の中に、樹木の葉を入れて、手探りで想像して絵を描き、図鑑等を参考に探し出すという体験をしてもらいました。

樹木はシラカンバ、エゾマツ、ナナカマドの3種類で、児童たちは「むずかしいよぉ!」「絶対この木だよ!」など苦戦しながらも、各樹種の葉の特徴をとらえて上手に描けていました。

3種類の葉の絵を描き終えた後、実際に、校庭に生育している樹木の葉に触れてもらいながら、それぞれの木の特徴などを説明しました。

参加した児童からは、「シラカバの目のような模様は何ですか?」との質問もあり、また、「葉の形が違っておもしろかった」「木のはたらきや木の大切さを知った」など率直な感想や、「ほかの木の特徴や仲間などを知りたい」「実際に森林へ行きもっといろいろな木を見てみたい」などの嬉しい感想も聞かれました。

今後も、森林環境教育をとおして、森林や林業に対する意識の向上を図るよう、努めていきたいと考えています。

(岩館 主任森林整備官)

 

教室の様子

教室の様子

ちょっと難しいかも

ちょっと難しいかも 

どの木の葉かな

どの木の葉かな?

上手に掻けたかな

上手に描けたかな? 

校庭で

校庭で樹種(葉)を確認

カンバの種類について説明

カンバの種類について説明

エゾマツの下には

エゾマツの下には松ぼっくりがいっぱい

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集