ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > ポロト自然休養林で「地域マネジメント論演習」野外実習を開催


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

ポロト自然休養林で「地域マネジメント論演習」野外実習を開催

~ 北海道大学の学生が自然学習や聞き取り調査を体験 ~

【胆振東部森林管理署 】

胆振東部森林管理署の取り組み等を紹介

胆振東部森林管理署の取り組み等を紹介


 

 5月31日(土曜日)、北海道大学観光学高等研究センターの学生9名と教授1名が、地域振興を目的に、午前中はポロト自然休養林において、午後からは地域関係者への聞き取り調査などを行いました。

 実習に先立ち、当署職員から国有林の管理方針やポロト自然休養林の概要を説明し、「地域資源ポロトの森」パートナーシップ協議会を通じ当署と地域関係者が協働で取り組んでいる内容などを紹介しました。

その後、ポロト自然休養林の魅力を発掘をするため、地元の自然ガイドによるツアーが行われ、遊歩道を歩きながら草花や巨木、動物の痕跡などの説明を熱心に聞き取りしていました。

午後からは場所を移し、学生は数グループに分かれて、当署や白老町役場などの関係者への聞き取り調査を行いました。

当署には、ポロトの森と地元との関わりなどの質問がありました。

また、学生からは、ポロトの森を発展させる斬新なアイデアの発表があり、大変参考になりました。


(和田 治山技術官、若松業務グループ職員)

 


ガイドによる動物痕跡の説明の様子

ガイドによる動物痕跡の説明の様子 

今朝生まれたばかりのセミを撮影

今朝生まれたばかりのセミを撮影

聞き取りの様子

聞き取りの様子

 

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集