ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 元気いっぱい!!宮の森小学校生が「まちたんけん」で来てくれました


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

元気いっぱい!!宮の森小学校生が「まちたんけん」で来てくれました

~生活科の授業の一つとして北海道森林管理局を訪問~

【北海道森林管理局】 

 


10月3日(木曜日)、札幌市立宮の森小学校の2年生10名が「もっとなかよし まちたんけん」の学習で、北海道森林管理局に来てくれました。

この学習は、班毎に分かれて、自分が興味を持った宮の森地区のお店(銀行、美容院、飲食店、スーパー等)を訪ね、その施設ではどのようなことをしているのか、そこで働く人の様子を調べたり、何かを発見したり、質問をしたりする生活科の授業の一つになります。

耐震工事中のため建物の外側しか知らない子どもたちが、初めて局庁舎内に入ると、「ひろーい」「迷路みたい」「たくさん木を使ってる!」と声をはずませてくれました。

まずは、技術普及課で壁に貼った写真をみながら、「北海道森林管理局でやっていること」を紹介しました。

トドマツのコンテナ苗や輪尺(りんじゃく=木の太さを測る道具)、熊よけの鈴などといった小道具も用意したので、子どもたちの興味はますます膨らんだようでした。

つづいて森林整備部長室に案内し、桂の大きなテーブルを目にすると、びっくりしたように「すごーい」と皆で触っていました。

「何か質問がある人はどうぞ」と進められた子どもたちは、勢いよく手を上げて「熊にあったことはありますか」「この建物はいつできたのですか」「いくつの部屋に分かれて仕事をしていますか」など、次々と質問をしていました。

最後に 子どもと職員が1対1で質問を受けたり、話をする時間を設けましたが、熱心な子どもたちに職員も熱が入り、時間が足りないくらいでした。

今回の森林管理局への訪問が、生活科の学習にどのように反映されたか楽しみです。

(木村 緑の普及係長)

壁に貼った写真を見ながら、北海道森林管理局の仕事などを紹介

写真を見ながら、北海道森林管理局の仕事などを紹介

河野森林整備部長に、次々と質問する子どもたち

河野森林整備部長に、次々と質問する子どもたち

 

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集