ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 2013夏休み親子森林体験ツアー


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

2013夏休み親子森林体験ツアー

~高性能林業機械の迫力ある伐採現場などを見学~

【根釧西部森林管理署

 参加者全員で記念撮影

参加者全員で記念撮影 


8月2日(金曜日)、根釧西部森林管理署と釧路湿原森林ふれあい推進センター主催による「2013夏休み親子森林体験ツアー」を開催しました。

夏休み恒例のイベントには、小学生を中心とした子どもたち19名と保護者8名を加えた27名が参加してくれました。

当日は、快晴にも恵まれ、8時30分に当森林管理署内で開会式を行い、その後は、標茶担当区のパイロットフォレスト内で実行中である製品生産現場へと移動しました。

間伐の必要性や森林の持つ効用などを簡単に説明したあと、造材現場の近くで実っていた桑の実やコクワ、ブドウの実などに実際に触れてみたり、請負事業体の高性能林業機械の見学を行いました。

造材現場の見学では、チェンソーによる玉切り作業、プロセッサによる枝払い・玉切り、ハーベスタによる伐倒から枝払い・玉切り、
フェラーバンチャによる伐倒作業、ブルドーザによるウインチによる引き寄せ、グラップルによるフォワーダへの積み込み、フォワーダ走行など高性能林業機械の一連の動作と実際の伐採作業を見学しました。

参加者の皆さんは、伐採作業の迫力と高性能林業機械の性能に、「すごい。」、「早い。」と驚きと感心の眼差しで目を輝かせ真剣に見学していました。

一連の作業を見学した後は、エンジンを停止した状態で土場に集結したそれぞれの高性能林業機械の操縦席に参加者が座って記念撮影を行うなど、普段は経験することが出来ない貴重な体験もしてもらいました。

パイロットフォレスト内の望楼では、360度見渡せる望楼から景色や、付近にいた蝉やクワガタなどの昆虫採取を楽しみました。

管理棟へ移動後は、木工制作、丸太の輪切り、アオダモを使用した蛍光実験を行うなど、多岐に渡る体験をしていただきました。

最後に、開会式前に自ら選んだ松ボックリ等を焼き上げた飾り炭をプレゼントして閉会しました。

参加者からは、「伐採現場の機械がすごかった。」、「木を切る迫力が印象的。」、「来年も実施してほしい。」、「とても楽しかった。」など、子どもたちは1日森林の中で自然を満喫し、帰りのバスでは疲れて熟睡する子も見られましたが、体験、見学、製作、実験など夏休みの記憶に残るイベントになってくれたと思います。

 

(石原 主任森林整備官)

 

 

 

 

木工制作による材料選び。
木工制作による材料選び
何を作るのかな?

選んだ材料から創意工夫をして木工制作
選んだ材料から創意工夫をして木工制作完成した木工品
完成した木工品外では丸太の輪切り体験!
外では丸太の輪切り体験!
自然と輪切りの競争がはじまり大人気

造材現場で桑の実を観察
造材現場の近くで桑の実を観察高性能林業機械が動き出すと皆興味深々 
高性能林業機械が動き出すと皆さん興味深々

フェラーバンチャのヘッドを間近に観察
フェラーバンチャのヘッドを間近に観察フェラーバンチャで伐採した伐根
フェラーバンチャで伐採した伐根
こんなに太い木も一瞬で伐採に驚き!

ハーベスタの動きに驚き歓声
ハーベスタの動きに驚き歓声高性能林業機械の試乗会!クラクションの大合唱
高性能林業機械の試乗会!クラクションの大合唱望楼展望台で記名しました。
望楼展望台では記念に記名望楼展望台で双眼鏡による遠望。
望楼展望台で双眼鏡による遠望
何が見えるかな?

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集