ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 春待つ知床の森林散策~歩いて撮ろうフレペの森~


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

春待つ知床の森林散策~歩いて撮ろうフレペの森~

~第119回 森林レクリエーション in 知床~

知床森林センター 

記念の集合写真

記念の集合写真


青空の下スタートした散策でしたが、次第に空は雲に覆われていきました。

真冬に逆戻りしたような寒風が吹き抜ける中、知床八景・フレペの滝と、その周辺に広がる雪原や森林を巡る約3kmのコースを、スノーシューを履いておよそ2時間半かけて散策しました。

今回(3月9日(土曜日)実施)は北見市、釧路市、美幌町など、近隣市町からの参加者22名が集まり、実施しました。

 

つぼみの膨みや気温の上昇に伴い、幹回りにできる窪み(ツリーホール)など、春を予感させる樹木の姿を観察しながら、開拓地跡に成立した森林の遷移の過程、原生的な森林における樹木の更新や循環、また、野生動物の活動の様子など、コース上で観察できる樹木や森林環境などについての解説を交えながら散策しました。

 

このほか、エゾシカによる樹皮食害が深刻な問題となっている知床の森林の現状と、北海道森林管理局をはじめ地元の団体が行っている、囲いワナや防鹿柵の設置などの取組みなどについても紹介しました。

 

また、今回のイベントでは、森林散策をより楽しめるよう、アマチュアカメラマンが同行しました。

雪景色における光を活用した写し方、迫力ある滝の写し方、冬芽などの森林の細部に着目するといった被写体を活用した写し方など、実践的なアドバイスがありました。

 

散策後は、参加者に自ら撮影した写真の中からベストショットを1枚選んでもらい、それらを展示して鑑賞会を行いました。

春待つ森林やエゾシカの様子、また、迫力ある冬の滝の様子を切り取った作品が多く見られました。

 

参加者からは、「なかなか来ることが難しい場所で冬の体験ができ、冒険みたいで楽しかった。」「小動物の足跡を見られてうれしかった。」「この時期ならではの森林の姿を知ることができた。」「また知床の森林散策に来たい。」などの声が聞かれました。

今回のイベントを通じて、冬の森林と親しみ、より一層関心を高めていただくことができたのではないかと思います。

 

今回撮影した写真は、写真展として3月下旬まで当センターに展示しています。
(詳細は当センターHPでも紹介しています。) 

(島田 緑化第二係長)

厳しい森林環境を物語るトドマツの凍裂を観察しながら散策

厳しい森林環境を物語るトドマツの凍裂を観察しながら散策

ダケカンバの白い樹皮を活用した撮影のアドバイス 

ダケカンバの白い樹皮を活用した撮影のアドバイス

トドマツの更新の様子を解説

トドマツの更新の様子を解説

カシワの特徴の解説と冬芽の観察

カシワの特徴の解説と冬芽の観察

エゾシカを被写体に写真撮影

エゾシカを被写体に写真撮影

湯の華の滝をカメラに収める参加者

湯の華の滝(通称「男の涙」)をカメラに収める参加者

参加者の作品、春よこい

参加者の作品「春よこい」

さよなら知床、涙はみせない

参加者の作品「さよなら知床 涙はみせない」

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集