ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > しれとこ雪の森 歩くスキーでGO!!


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

しれとこ雪の森 歩くスキーでGO!!

~第118回 森林レクリエーション in 知床~

知床森林センター 

記念写真

記念写真


2月16日(土曜日)、歩くスキーを用いた知床の雪の森を散策するイベントを開催し、ウトロ高原からオシンコシン展望台下(旧知床八景)に至る約5kmのコースを、およそ3時間かけて散策しました。

 

今回は、ご家族で散策を楽しまれる方や、毎年このイベントを楽しみに来てくださる方など、北見市、釧路市、斜里町より13名(男性6名、女性7名)の参加がありました。

 

当日は、未明に降り積もったふかふかの新雪(約20cm)を踏みしめながら、樹高30m級のトドマツ・エゾマツ・ミズナラ・カツラ等の巨木が散在する原生的な針広混交林内を、樹木の特徴の説明、樹木が寒さから身を守る為に備え付ける冬芽の話、積雪によって表土が凍らずに土壌中に融解水が絶えず供給される積雪のメカニズムの話、上空を飛ぶ野鳥類の観察、林間に見える海に浮かぶ流氷にまつわる話などを交えての散策となりました。

 

とりわけ、コースの途中にはエゾシカの姿だけではなく、樹皮食いやシカ道など、その生息の痕跡が多く見られました。

職員からエゾシカの生態や樹皮食害の現状、当センターにおける取り組みなどについて説明すると、参加者はその被害状況の深刻さに驚いている様子でした。

 

また、本日の散策では、国有林で設定しているいくつかの森林保護区(保護林)を通過しました。

この保護林は、主要な林業樹種の遺伝資源を保存するためのものですが、その他、知床地域に設定されている森林生態系を包括して保護するもの、特定の地質を保護するものなどについても解説を行い、国有林における知床世界自然遺産地域と、その周辺の原生的な森林を保護するための取り組みについても知っていただきました。

 

「冬の森歩きはなかなかできない貴重な体験でした。」「林間越しに見える雪原や流氷の景色がとてもきれいでした。」「自然を大切にする気持ちを育てるのに、とても意義のある催しだと思う。」などの感想があり、参加者はそれぞれ冬の知床の森林を満喫していただけたように感じました。   

 

(島田 緑化第二係長)

新雪を踏みしめながらの散策

新雪を踏みしめながらの散策

倒れてエゾシカに食害に皮を食べられたカツラ

倒れてエゾシカに食害に皮を食べられたカツラ

イチイの保護林の案内版の前で

イチイの保護林(林木遺伝資源保存林)の案内版の前で

エゾシカによる植生食圧の状況を調査している場所

エゾシカによる植生食圧の状況を調査している場所

トドマツの幹に残るヒグマの爪のあと

トドマツの幹に残るヒグマの爪のあと

林間に見える流氷浮かぶ海

林間に見える流氷浮かぶ海

ボロボロになりながらも生きるハルニレ

ボロボロになりながらも生きるハルニレ

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集