ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 「森林づくりが夢!」高校生が森林管理局見学へ


ここから本文です。

 

森林のこともっと知りたい 

 「森林づくりが夢!」高校生が森林管理局見学へ

森林技術系公務員志望~岩見沢農業高校のみなさんがインターン

【北海道森林管理局】  

平成25年2月6日(水曜日)、森林行政機関への就職を目指している、北海道岩見沢農業高校森林科学科の13名の皆さんが北海道森林管理局へ職場見学に来てくれました。

これは、全国林業研究グループ連絡協議会が行っている「林業就業促進支援」(インターンシップ) の一環として行われたもので、森林行政機関を実際に訪問し、森林行政への理解を深めるとともに、将来の進路を明確にしていくことが目的です。

北海道森林管理局では、生徒の皆さんに進路決定に役立ててもらえるよう、また、将来、北海道森林管理局への就職を希望してもらえるように、各分野の職員がいろいろなプログラムを用意して、歓迎しました。

あいさつからスタート

指導普及課の課長補佐より、この日の日程説明と講師紹介などがされました。

岩見沢農業高等学校からは、学校で生徒たちが心をこめて栽培したシクラメンが寄贈されました。

「保全調整課」で情報発信の方法を学ぶ 

北海道森林管理局の広報活動を知ってもらうため、ホームページで森林の情報発信を担当している「保全調整課」を訪問、保全調整課で行っている仕事やホームページの内容などについて担当者から説明を受けました。

保全調整課では、今日の職場見学の様子を早速ホームページに掲載するとのことで、生徒のみなさんへ「学校に戻ったらぜひ見てくださいね」と声をかけていました。

森林計画や森林の管理ってどうやるの?

計画課では、どんな仕事をしているのか、森林計画制度や図面の見方などの説明を受けました。また、森林管理に使う空中写真を見て、立体的に見える様子にとても興味を示していました。 

森林整備部各課の仕事の数々を紹介

森林整備部(森林整備第一課、二課、販売第一課、二課、治山課)からは、収穫調査、立木販売、素材生産、植栽、保育や森林を管理する上での林道の役割及び保安林や治山事業に関する説明を受けました。 

森林官の仕事と赴任した町での生活~職員が経験談

つづいて、森林管理局の仕事の中で、生徒のみなさんが一番関心を持っているという「森林官」が森林を守り育てるためにどのような仕事をしているのか?職員がスライドを使って経験談を紹介しました。

その中では、森林づくりを進めるための森林調査、造林地の設計、植林作業や下草刈りなどの保育作業の実行と監督などでの苦労話や楽しみ、そして長い時を経て育っていく森林を見守っていくことの醍醐味、また赴任した先々での地域の皆さんとのふれあいなどについて、色々なエピソードを交えてお話ししました。

生徒のみなさんは、最初は山奥での仕事、色々な地域へ転勤を繰り返すことなどに不安を感じていたようでしたが、色々なスライドや話を聞くうちに笑顔も見られるようになり、森林官への興味をさらに深めてくれたようでした。

岩見沢農業高校の卒業生職員からのアドバイス

最後に、同校の卒業生である職員が国有林に就職したときの心構え等のアドバイスや生徒から多くの質問に丁寧に答えました。今後の進路決定に少しでも役立ててもらえればと思います。 

岩見沢農業高校のみなさん

ぜひ国家公務員試験の合格をめざしてがんばって下さいね!

 

(指導普及課 緑の普及係長 木村)

本谷課長補佐より日程説明・講師紹介

日程説明や講師紹介

保全調整課の仕事やホームページの内容を説明

保全調整課の仕事やホームページの内容を説明

保全調整課の仕事やホームページの内容を説明

森林整備部各課より業務内容の説明

森林整備部各課より業務内容の説明

森林官の役割などについて説明

森林官の役割などについて説明

森林官の役割などについて説明

熱心に聞き入る生徒のみなさん

 


 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集