ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 第90回 森とのふれあい「知床で楽器づくり」


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

第90回 森とのふれあい「知床で楽器づくり」

~響け♪森のハーモニー~

知床森林センター 

楽しげな演奏会

楽しげな演奏会


1月12日(土曜日)、知床で集めた木の枝などを利用した楽器作りのイベントを開催しました。

斜里町内の5つの小学校の1年生から6年生までの児童20名とその保護者など、計35名の方にご参加いただきました。

 

当センター職員が考案したハープ風の弦楽器やウッドブロック、ギロ、木琴、カスタネットといった打楽器を用意し、実物に触れ、音色を聞き、カスタネット以外から作りたいと思うもの一つを選んでもらいました(カスタネットは希望に応じて制作)。

 

楽器が決まると、各楽器を考案した職員の指導のもと、制作にとりかかりました。

使う枝を選んだり、ノコギリやキリ、金槌、小刀などを慣れない手つきながらも一生懸命に使って、長さや形を決めたりと、夢中になって楽器を作っていました。

完成後は、絵を描いたり、松ぼっくりやハンノキの実などの木の実を飾りつけて、アレンジを楽しむ姿も見られました。

 

オリジナルの楽器が完成すると、皆さんうれしそうに自分の楽器を鳴らし、森の素材から奏でられる音色を思い思いに楽しんでいました。

 

イベントの締めには、全員で演奏会を行いました。

曲はミドルテンポの昨年のヒット曲。

参加者は曲のリズムに合わせて楽器をたたいて、はじいて、とても楽しげな演奏会になりました。

 

参加者からは、「音がでた!!」「いい音でるね」などの感動の声や、「もっと回数を重ねてたくさん作りたい」「トンカチで釘を打つのが面白い」「作るのは難しいけど楽しかった」などの感想も聞かれ、楽器作りを通して、木工作への関心が強まった様子でした。

 

楽器制作やその音色を楽しむと同時に、森の素材との触れ合いを通して、木の良さやぬくもり、おもしろさを感じ、森への興味・関心を高めてもらえたら幸いです。   

 

(島田 緑化第二係長)

楽器の説明

楽器の説明

ギロの溝を刻む

ギロの溝を刻む

ウッドブロックの切れ込みを入れる

ウッドブロックの切れ込みを入れる

木琴の土台づくり

木琴の土台づくり 

木の実でハープをアレンジ

木の実でハープをアレンジ

完成した楽器を並べ演奏会のスタンバイ

完成した楽器を並べ、演奏会のスタンバイ

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集