ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 支笏湖周辺風倒被害地について学ぶ


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

支笏湖周辺風倒被害地について学ぶ

~北海道森林ボランティア協会冬期セミナー~

【胆振東部森林管理署】 

冬期セミナー会場の様子

冬期セミナー会場の様子


12月20日(木曜日)、札幌市内のリンケージプラザにおいて、NPO法人北海道森林ボランティア協会冬期セミナーが開催されました。

このセミナーは、北海道森林ボランティア協会の会員を対象に行われていますが、今回、胆振東部森林管理署に講師派遣の要請があったことから、当署のこれまでの取組みに理解を深めていただければと考え、「支笏湖周辺風倒被害地における更新状況と今後の課題」について、みなさんと一緒に学ぶ機会を得ることとなりました。

当日は、意欲あふれる会員のみなさん23名が参加し、会場には熱気が満ち溢れ、かなりの重圧を感じました。

冒頭、事務局から講師の紹介があり、少し緊張気味のスタートとなりましたが、講演内容は、過去に「北の国・森林づくり技術交流発表会」で発表したものを、今回のセミナーにあわせてリニューアルしたものだったこともあり、すぐにマイペースで進めることができました。

みなさんからは、「復旧の進み具合はどうなっているのか?」、「植栽している樹種について、なぜこの樹種を植栽しているのか?」といった熱心な質問がありました。

講演終了後は、「今後も山づくりを通して、もっとお互いに協力していきたい。」などど声をかけていただきました。 

 

(菅田 森林育成係長)

講師紹介

講師紹介

風倒被害地の経緯などについて説明

風倒被害地の経緯などについて説明

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集