ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 遊々の森「森の楽校 サンケベツ遊々の森」で森林教室


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

遊々の森「森の楽校 サンケベツ遊々の森」で森林教室

~「森林の中を体感する」ということを、自分の身近な感覚で体験しよう~

【留萌南部森林管理署】 

スタッフの指導で万華鏡を作成中です

スタッフの指導で万華鏡を作成中です


10月17日(水曜日)、苫前町教育委員会と協定を締結している遊々の森「森の楽校 サンケベツ遊々の森」において、苫前町立苫前小学校の1・2年生25名、教論3名、教育委員会1名による森林教室を行い、森林管理署からは6名のスタッフが指導に当たりました。

 

スタッフの紹介と注意事項の説明を受けた後、4グループに分かれ、まずは林内を散策しながら、葉の色・土の感触・種子の形などを、見て・触れて・食べて観察し、秋の森の空間を感じてもらいました。

児童達は好奇心旺盛で、木々と落ち葉を見比べたり、土を触ったり、キハダの皮をなめたり、ヤマブドウを食べたりと、見るものすべてに興味を示していました。

 

後半は、それぞれが林内散策で集めた葉や種を使って、万華鏡を作りました。

スタッフの指導のもと、悪戦苦闘しながら、完成した万華鏡を覗いたときの児童たちの笑顔は最高でした。

 

今回は、「森林の中を体感する」ということを、自分の身近な感覚(見る・触る・味見する)で体験してもらいました。

森林に入ったことがない児童が多かった中では、森林との距離を縮めるきっかけを提供できたのではと感じつつ、森林教室を終了しました。

 

後日、児童達から感想文が届きました。

その中には、「一ばんキレイだったはっぱは黄色の葉っぱです。少し虫にかじられていたけどたのしかったです。」、「森林には、いろんなはっぱやきのこがあることがわかりました。キハダをなめたらすごくにがかったです。」、「たのしかったことは万げきょう作りです。はっぱや木のみをいれたらきれいなものが見えたので、おもしろい万げきょうになりました。」、「わたしはさいしょ、くまがでないかとちょっと心ぱいしていましたが、森の中へはいってみると、すごくたのしかったです。」、「木のことについて、いろいろ教えてくれてありがとうございました。わからないことがあったら、またお手紙書きます。」

先生の指導をうけて一生懸命書いてくれた姿が目に浮かびます。

スタッフ一同感激し、来年の励みに致します。

 

(佐々木 流域管理調整官)

散策の前に入れ物の用意です

散策の前に入れ物の用意です

大きなキノコ発見

大きなキノコ発見

ホオノキの種を開くところです

ホオノキの種を開くところです

木の皮について説明しています

木の皮について説明しています

児童達からの感想文です 

児童達からの感想文です

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集