ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 女性限定 森林ふれあい体験ツアーを開催


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

「女性限定 森林ふれあい体験ツアー」を開催

~みなさんに、森林や林業に親しみを持っていただくために~

【根釧西部森林管理署】 

 標茶のミズナラ

森の巨人たち百選」に選定された「標茶のミズナラ」を見学


 

平成24年10月14日(日曜日)、根釧西部森林管理署、釧路湿原森林環境保全ふれあいセンター主催、釧路総合振興局林務課、標茶町、釧路短期大学共催で「女性限定 森林ふれあい体験ツアー」を開催し、釧路市や釧路町などから25名の参加がありました。

 

最初の見学箇所である「標茶のミズナラ」では、あまりの大きさに驚き、そして、木に触れたり、木の周りを手をつないで大きさを感じたりし、みなさん楽しんでいました。

 

会場をパイロットフォレストへ移動し、飾り炭の材料を選んでもらい、代表者2名が炭窯に点火、その後、小高い箇所に建っている約24mの高さの望楼から、広大な面積のカラマツ林を楽しむと同時に、風で足元が揺れることに、驚きの声が上がりました。

 

造材現場では、日本に1台しかない林業機械である、可愛いピンク色をした8輪駆動のフォワーダを見学、さらに、ハーベスタによる伐倒・枝払い・玉切の一連の作業を見ていただきました。

みなさんからは、伐倒や枝払いなど1つの作業を終えるごとに、拍手喝采が起こり、最後には若いオペレータが質問責めとなりました。

 

パイロットフォレストの見学を終えると、参加者のみなさんに材料を選んでいただいた飾り炭が完成、イベントの記念にプレゼントしました。 

 

最後は森林管理署に戻り、「エゾシカを食べよう!」と題した講話とエゾシカ料理の試食を行いました。

「シカザンギ」の試食では、やわらかいスネ肉のおいしさに感動していました。 食卓も1品増えそうです。

 

参加者のみなさんから、「いろいろと見ることができ、とても楽しかった」「また、参加したい」等の声があり、森林や林業に親しみを持ってもらえたツアーとなりました。  

 

(永宮 流域管理調整官)

フォワーダ

8輪駆動のフォワーダを見学

ハーベスタ

ハーベスタによる作業

飾り炭

みなさんに飾り炭をプレゼント

シカザンギ試食

「シカザンギ」のおいしさに感動

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集