ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 帯広農業高校 間伐体験~森林・林業を担う次世代の育成に向けて~


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

帯広農業高校 間伐体験

~森林・林業を担う次世代の育成に向けて~

【東大雪支署】 

 間伐方法の説明

間伐方法の説明


 

10月10日(水曜日)、新得町の国有林「オダッシュ水源の森林」において、帯広農業高校 森林科学科1年生40名が、林業体験を行いました。

 

この林業体験は、十勝流域森林・林業活性化センター主催のもと、次世代の林業の担い手である森林・林業を学ぶ高校生を対象に、林業体験等を通して技術を習得してもらうことを目的として毎年実施されており、東大雪支署では、国有林のフィールドの提供と間伐の現地指導を担当しています。

 

今年も、生徒の皆さんは午前中に林業試験場道東支場を見学し、午後からは支署職員から間伐の目的や方法等の説明を受け、国有林内へ移動しました。

 

国有林内では始めに、(株)ムラカミ緑化さんにチェーンソーによる間伐作業を実演していただき、立木が伐り倒される迫力に、生徒さんから歓声があがりました。

 

次に、生徒の皆さんに4グループに分かれてもらい、一人ずつ鋸を用い、職員の指導の下でトドマツの間伐を体験してもらいました。

初めて間伐をする生徒が多く、てこずる姿も見られましたが、皆さん真剣に作業を行っていました。

チェーンソーの伐倒を見た後ということもあり、「思ったより大変だった。」という声が多く聞こえましたが、「大変だが楽しかった。」といった声も聞くことができました。

 

この体験がきっかけとなり、より林業に関心を持つ生徒さんが増えてくれればと思いました。

また、今年は生徒の半数以上が女性となり、森林・林業の現場で増えている「林業女子」も、この中から育ってくれるのではないかと感じています。

 

(今永  屈足森林事務所 係員)

業務課長より体験内容の説明

業務課長より体験内容の説明

チェーンソーによる伐倒作業

チェーンソーによる伐倒作業

間伐体験の様子

間伐体験の様子

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集