ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 朱鞠内小学校 秋の森林環境教育


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

朱鞠内小学校 秋の森林環境教育

~遊々の森「わんぱくの森」で森林環境教育~

【北空知支署】 

 記念撮影

みんなで記念撮影 


 

平成24年10月4日(水曜日)、幌加内町立朱鞠内小学校の児童8名、教師3名と、遊々の森「わんぱくの森」において、秋の森林環境教室を行いました。

 

今回の森林環境教育では、昨年、児童がドングリから成長させた苗木や、山取したミズナラ苗を「わんぱくの森」に移植した箇所が、笹や雑草に覆われてきたことから、草取りなどの作業とフィールドビンゴを実施しました。

 

特に草取り作業は、作業の必要性や、ミズナラの苗木と一緒に挿木したヤナギの生命力を通し、「自然の厳しさ」と「植物の生命力」を学習する中から、子供たちに「生きる力」を養ってもらいたいという目的で実施しました。

 

当支署からは、4名の職員が今回の森林環境教育をサポート。

ミズナラの苗木の周囲の草を、ゆっくりと確認しながら取り除きました。

 

参加した児童は、昨年度に、植替えした際に添えた個人名入りのプレートを発見し大喜びしていたものの、一様に「草取りをしたことがない。」「草むしりって大変。」などと、現代っ子ならではの発言も目立っていました。

 

また、挿木したヤナギの木が大きくなっているのを見て、「びっくりした。」「ミズナラが早く成長して大木になって欲しい。」などの率直な感想もいただき、非常に有意義な森林環境教育となりました。

 

今回の遊々の森「わんぱくの森」において実施した朱鞠内小学校の森林環境教育も、今年は最後となりますが、実施後すぐに「来年もよろしくお願いします」との要望を、朱鞠内小学校の方々からお受けしました。

 

今後においても、森林環境教育の実施を通して、森林や林業に対する意識の醸成を図っていくとともに、何よりも地域から求められる業務ができるよう、努めていきたいと考えています。 

 

(根本 業務課長)

支署長挨拶

支署長より挨拶 

草むしり風景

草むしり風景

草むしり作業後

草むしり作業後

草むしり風景

草むしり風景

森林環境教育風景

森林環境教育風景

フィールドビンゴ

フィールドビンゴ

フィールドビンゴ

フィールドビンゴ

フィールドビンゴ

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集