ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 森林の手入れについて体験と学習をしました!!


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

森林の手入れについて体験と学習をしました!!

~日高町立日高小学校の生徒のみなさんと~

【日高北部森林管理署】 


9月26日(水曜日)、日高北部森林管理署の千呂露国有林において、日高町立日高小学校3年生15名による森林の手入れについて体験と学習活動を行いました。

 

前日の雨の影響かやっと気温も平年並となり、少し肌寒く感じましたが、学習活動としてはまずまずの天候の中、最初に昨年アカエゾマツを植えた箇所に到着。

アカエゾマツの特徴や、種から植えるまでの年数や植えた後何年も下草刈りといった手入れが必要なことや、伐根の上に生えている稚樹を例に天然の木の更新の話をしました。

子どもたちからは「一年でどのくらい大きくなるの?」「周りの大きな木も植えたの?」「植えた木は大きくなったら伐るの?」などの熱心な質問がありました。

 

その後、34年生のアカエゾマツ人工林に移動し、大きくなった木の手入れについて話をするとともに、子どもたちには30分程度の枝打ちを体験してもらいました。

体験終了後、林内にある獣道やエゾシカの角こすり被害、ブドウヅルにより枯れてしまった木を見ながら木を育てるためには長い時間と手間がかかることを話しました。

ここでも子どもたちから「枯れた木はどうするの?」「このくらいの木はどんな風に利用されるの?」とさまざまな質問がありました。

 

子どもたちにとって、森林は身近にはあるけれど、実際に中に入る機会はほとんど無く、新しい発見もあったようで、最後の挨拶で「楽しかった」との言葉が聞けたことがなによりでした。 

(東本 流域管理調整官)

下草刈りの説明

下草刈りの説明

天然の木の更新の話

天然の木の更新の話

枝打ちのデモンストレーション

枝打ちのデモンストレーション

枝打ち風景

枝打ち風景

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集