ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 見て、触れて、作ってみよう ネイチャークラフト!


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

見て、触れて、作ってみよう ネイチャークラフト!

~糠平小学校での森林環境教室~

【東大雪支署】


平成24年7月20日(金曜日)、上士幌町立糠平小学校の児童4名と東大雪支署の職員とで森林環境教室を行いました。

糠平小学校では、小学校に隣接する「小鳥の村」と名付けられた国有林を主なフィールドとして、当支署の職員と先生方で相談しながら、毎年テーマを変えて森林環境教室を行っています。

今年は、低学年のみであることや1年生も参加することから、森の中から材料を探し出してネイチャークラフトをすることにしました。

当日は、気持ちの良い天気の下、糠平小学校の子どもたちも元気に全員参加で好スタート。

はじまりの挨拶のあとは、今日の予定を説明。

ネイチャークラフトとは、森から取った木の実や枝で作品を作ることですが、職員が作った見本品を見せると、子どもたちも俄然やる気がでてきた様子でした。

森林教室へのモチベーションがあがったところで、みんなで「小鳥の村」の探索を開始。

今回は、作品のための材料集めのほかにも「たからものリスト」を持って森の中にある色々なものを探してもらいました。

「小鳥の村」から戻るといよいよ作品づくりです。

先ほど森で集めてきた材料と事前に用意しておいた材料を使いながら、だんだんとみんなの作品の形ができあがっていきます。

また、今回はのこぎりを使う作業も体験してもらいました。

みんなで夢中になっているうちにあっという間に時間が過ぎ、最後にそれぞれの作品を発表して森林環境教室を終えました。

のこぎりやホットボンドなど慣れない道具を使いましたが、みんなそれぞれの材料の形や色を生かして、個性のある作品を作ってくれました。

今回の森林環境教室通して、森の中をじっくり観察することの面白さや森で集めた小枝や松ぼっくりなどを自分たちの手で作品に作り上げていく達成感を味わってもらえたのではないかと思います。

これを機会に森の新しい楽しみ方を知って、これからも森について関心を持ち続けて欲しいです。

 

(濵田 森林ふれあい係長)

 

のこぎりを使う作業体験

のこぎりを使う作業体験

ホットボンドなどを使って作品づくり

ホットボンドなどを使って作品づくり

それぞれの作品を発表

それぞれの作品を発表

完成品

完成品

 

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集