ホーム > 森もり!スクエア > 森林のこともっと知りたい! > 芭露小森林教室を開催


ここから本文です。

 

 森林のこともっと知りたい

芭露小森林教室を開催

~遊々の森(やすらぎの森)にて、森林教室~

【網走西部森林管理署】

開会式の様子 

 開会式の様子


 

7月17日(火曜日)、「遊々の森(やすらぎの森)」で湧別町立芭露小学校の3~6年生33名が参加した森林教室が行われ、当森林管理署スタッフ3名とまちの森林博士6名が指導にあたりました。

開会式の中では、巣箱を利用する野鳥や巣箱を取り付ける際の注意点などの説明を行い、その後、各学年縦割りの4グループに分かれ、それぞれ昨年設置した巣箱内の観察と掃除や「樹木の親子」カードを使った森林散策を行いました。

巣箱の掃除と観察では、巣箱が利用された様子を熱心に観察していました。

数年前から児童が掛けた遊々の森の巣箱はよく利用されており、掃除をして巣箱をまた掛ける時には、野鳥がまた利用してくれることを願いながらグループみんなで協力して取り付けていました。

今年の森林散策は、特に樹木の親子関係に注目して観察を行い、林床の稚樹と付近にある母樹との関係を児童それぞれに配布した「樹木の親子」カードを見ながら説明し、子供達は見つけた稚樹とカードを見比べながら樹種を確認するなど森林散策を楽しんでいました。

今回は、稚樹を掘りとって学校に持ち帰り観察出来るようにするため、見つけた稚樹を手分けしてスコップで掘りとりました。

まとめの時間に子供達からは「木の親子の様子がわかって良かった。」「巣箱かけが楽しかった。」「水源地の湧き水は思ったより冷たかった。」などの感想が聞かれました。

今回の森林教室で発見したさまざまなことに驚いたり感動した体験など、自然の中で日常を離れた授業での体験をきっかけに森林により興味をもってくれることを期待しています。 

(太田 流域管理調整官)

「樹木の親子」カードを使った森林散策 

「樹木の親子」カードを使った森林散策

「樹木の親子」カードを使った森林散策 

巣箱の取り付け

巣箱の取り付け

稚樹をスコップで掘りとり 

稚樹をスコップで掘りとり

 

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集