このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     みんなで森林づくり

    置戸町植樹祭

     

    【網走中部森林管理署】 


    平成30年6月3日(日曜日)、置戸町・置戸地区林産協同組合・網走中部森林管理署の共催による置戸町植樹祭が開催されました。

    植樹祭参加者
    植樹祭参加者

    昨年の置戸町植樹祭は、残念ながら雨天により開催以来初めての中止となりましたが、今年は素晴らしすぎるほどの天候に恵まれ、当署からは署長を初め8名の職員が、全体では約70名の参加によりカラマツの苗木1300本の植樹を行いました。


    目黒網走中部森林管理署長挨拶
    目黒網走中部森林管理署長挨拶

    管理署職員による植樹指導
    管理署職員による植樹指導


    会場となった町有林は、旧国鉄池北線(ちほくせん)のちの旧ふるさと銀河線防風林の伐採跡地0.66haで、足場は良いものの、気温30度に達しようとする晴天の下、当署の村田森林整備官による植樹の実演指導の後、参加者は流れる汗をタオルでぬぐいつつクワを振るい、「もっと植えたい」、「もう苗木はないの」という声も聞こえる中、約30分かけて植樹を終了しました。

    植樹風景
    植樹風景

    植樹終了後、置戸町内の森林約4万haをさらに豊かなものとしていくため、本日の植栽木が無事成林することを参加者全員が祈念しつつ記念標柱を設置し、会場を後にしました。

    植樹祭記念標柱
    植樹祭記念標柱

     

    (首席森林官 礒田忠宏)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271