このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     みんなで森林づくり

    「お魚殖やす植樹運動30周年記念行事」-北海道150年記念植樹-

     

    植樹後の集合写真

    【技術普及課】 


    平成30年5月30日(水曜日)当別町道民の森神居尻地区内「水源の森」において開催され(主催:北海道漁協女性部連絡協議会ほか)、北海道森林管理局からも技術普及課長ほか3名が参加しました。

    豊かな森は降り注ぐ雨を蓄え、養分が豊富な地下水として川へそそぎます。また、海岸林は強風から大地を守り、風雨による土壌の流出を防ぐ役割があります。
    海岸林や河畔林をはじめとした豊かな森の存在が海の魚を育むという考え方をもとに、昭和63年から、北海道漁協婦人部連絡協議会(現北海道漁協女性部連絡協議会)を中心に、全道各地で木を植え、森を育てる取組「お魚殖やす植樹運動」が行われるようになり、今年で30周年を迎えました。
    合い言葉は「百年かけて百年前の自然の浜を」です。

    まず、北海道漁業協同組合連合会より主催者代表挨拶、北海道漁協女性部連絡協議会より挨拶、北海道より来賓挨拶がありました。
    北海道漁業協同組合連合会より主催者代表挨拶
    今副理事長の主催者代表挨拶

    その後、今年は「北海道」と命名されてから150年目という節目の年であることから、記念植樹としてアカエゾマツとエゾヤマザクラが植えられました。
    北海道150周年記念植樹
    記念植樹の様子

    続いて、石狩北部森林組合より植樹指導があったあと、参加者で植樹を行いました。
    好天に恵まれ、総勢154名が参加し、額に汗しながらミズナラ・イタヤ・ニレ各250本を植えました。
    本取組には農業・林業・漁業等各団体が参加しており、日頃は交流の少ない異業種間とのつながりが広がっています。
    植樹指導の様子
    植樹指導


    みんなで植樹
    植樹の様子

    最後に、参加者で記念撮影を行い、地区漁協組合長会より閉会挨拶があり「お魚殖やす植樹運動」は無事に終了しました。

     

    (森林技術普及専門官  的場)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271