このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

                                                                                                              

     みんなで森林づくり

    外国樹種見本林でのボランティア活動

    【上川中部森林管理署】 


    外国樹種見本林でのボランティア活動~木製チップ撒きで心地よい汗流す~

    平成29年7月1日(土曜日)、旭川市及び一般社団法人旭川林業土木協会の後援をいただき、外国樹種見本林においてボランティアによるチップ撒き及び散策を行いました。
    当日は、募集した市民の方々を含め21名の参加となりました。
    活動前の注意事項を説明した後、用意したチップを一輪車で運搬する方、スコップで撒く方、レーキでならす方と自然と役割が分かれ、作業が始まりました。

      1   2  
      <チップを一輪車へ>   <レーキでならし>  


    1m幅で奥から順序よく敷きつめられ、参加した子供もスコップを器用に操り、一輪車に入れる作業を行っていました。
    参加された方に参加理由をお聞きしたところ、「昔、国有林で仕事したことがあり、またこのような活動が好きで参加しました。」と昔話を交えたお話をいただきました。

      3   4  
      <チップ撒き前>   <チップ撒き後>  


    曇り空で、非常に湿度が高く額に汗しつつ黙々と進められ、当初1時間程度の予定でしたが、皆さんのテキパキした頑張りもあり、予定していた時間より早くチップ撒きが終わりました。
    休息後、外国樹種見本林のあらましを説明し、散策をはじめました。
    植栽されている50種類の樹木から、何本かを選び樹木名、用途や豆知識を織り交ぜながら説明しました。
    時折、鋭い質問や物知り博士も現れるなど、楽しい散策となりました。
    最後に、平成16年の18号台風で千本以上の倒木が発生し、翌年に市民参加のもと植樹がなされ回復している様子や昨年の台風で隣接する美瑛川が氾濫し、見本林も一部水に浸かり、敷いてあったチップが流された現状も見てもらいながら、あっという間の時間を過ごしました。

      5   6  
      <散策(樹木説明)の様子>   <散策(倒木跡地)の様子>  


      7  
      <記念写真>  

     

    また、このような活動があれば参加したいとの意見も頂き、無事終了しました。

    (森林技術指導官:三浦)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271