このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     みんなで森林づくり

    檜山の森づくり植樹祭開催

    ~自然豊かな森・川・海を次世代に引き継ぐために~

    【檜山森林管理署】 


    平成29年5月19日(金曜日)上ノ国町神明地区において、檜山の森づくり実行委員会が主催する「檜山の森づくり植樹祭」が開催されました。

    「檜山の森づくり植樹祭」は檜山管内の自然豊かな海・川・海を次世代に引き継ぐことを目的に、平成10年度から檜山振興局管内の各町を持ち回りで実施しており、今年で20回目の開催です。

    当日は、快晴に恵まれイベント日和となり、地元の小学校児童、高校生徒及び檜山振興局管内の各町から参加した約300名の参加者が気持ちよい汗と景色を楽しみながらトドマツやヒバ(ヒノキアスナロ)を約500本植樹しました。
    森と海は川でつながっているため、成長した樹木から落ちた葉が栄養となり、山と海が豊かになることが期待されます。

    また、植樹の後には、1000匹のサクラマスの幼魚の放流も行われ、海で成長したサクラマスがいずれこの川に戻ってきてほしいと参加者一同が祈念して、「檜山の森づくり植樹祭」を終了しました。

    主任森林整備官(経営・森林ふれあい)中野

    写真1   写真2
    開会式  
     
        トドマツを植樹
       
    写真3   写真4
    記念写真   サクラマスを放流

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271