このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     みんなで森林づくり

    江差町笹山稲荷神社参道ヒバ育樹祭を開催

    ~笹山参道をヒバの並木に。ヒバ植栽箇所において保育作業を実施~

    【檜山森林管理署】 


    平成29年5月20日(土曜日)、江差町の笹山稲荷神社参道及び笹山国有林歩道において、地元「北のひば山倶楽部」主催で「笹山参道稲荷神社ヒバ育樹祭」が開催されました。

    これは道南五大霊場(※)の一つである笹山稲荷神社に至る参道をヒバ(ヒノキアスナロ)の並木にしようという構想により、平成10年から植栽されたヒバの保育作業を実施しているもので今回で20回目の実施です。
    北のひば山倶楽部のほか檜山振興局、江差町役場、檜山森林管理署など約30名が参加しました。

    当日は晴天に恵まれ、参加者は手ぬぐいで汗を拭きながら、植栽木周辺の雑草を一生懸命、丁寧に刈り払っていました。
    その後、昼食をとりながら、自分の植えたヒバが大きく育っていることや山林所有者の実情などを懇談し、来年も実施することを確認して育樹祭を終了しました。

    道南五大霊場…江差町の笹山稲荷神社、せたな町の太田神社、奥尻町の賽の河原、八雲町熊石の門昌庵、函館市恵山の賽の河原


    主任森林整備官(経営・森林ふれあい)中野

     写真1    写真2
    飯田会長の挨拶   

        作業前に記念撮影
       
    ヒバ植栽箇所の草刈り作業      
    ヒバ植栽箇所の草刈り作業         












     

     













    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271