このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     みんなで森林づくり

    第22回オホーツク魚の市民植樹祭
    ~大漁旗の下で~

    【西紋別支署】 


    平成29年5月21日(日曜日)、紋別市大山パークゴルフ場跡地において第22回オホーツク魚の市民植樹祭が開催されました。
    紋別市、紋別漁業協同組合及び紋別漁業協同組合女性部の主催で、紋別市民や林業・漁業関係者、近隣住民、学生など約400名の参加がありました。
    また、オホーツク総合振興局西部森林室及びオホーツク中央森林組合が参加されたほか、当署も植樹指導などを通じて協力しました。
     

     参加者のみなさん
    (たくさんの参加者のみなさん)

    風に揺らぐ大漁旗
    (風に揺らぐ大漁旗)


    植栽樹種は、針葉樹150本(クリーンラーチ100本、クロエゾマツ50本)と広葉樹200本(ミズナラ、イタヤカエデ、ナナカマド、ヤチダモ各50本)でした。

    クリーンラーチの紹介
    (クリーンラーチの紹介)

    開会式にて、北海道水産林務部森林整備課保護種苗グループの齋藤智裕さんからクリーンラーチについて、「成長の良いカラマツと材質が硬いグイマツを掛け合わせて開発されたクリーンラーチは、炭素固定量(二酸化炭素の吸収量)がカラマツよりも多いため、植樹による地球温暖化防止への期待が高まっています。
    ただ、確立されて間もない品種であることから、苗木の生産量があまり多くありません。しっかり根付くように丁寧に植えてください。」との説明がありました。

    当署職員による植樹指導
    (当署職員による植樹指導)

     また、エゾシカが広葉樹の新芽を食べてしまうのを防ぐために、苗木にハイトシェルターという光を通す筒を被せます。


    ハイトシェルター
    (ハイトシェルター)


    ハイトシェルターをつける作業風景
    (ハイトシェルターを付ける作業風景)

    最後に、アトラクションの海の幸植樹パーティでホタテ貝焼き・カニ汁がふるまわれ、オホーツク海を望みながら、海の幸に感謝しました。

    いままでに植えた苗も見ることができました。すくすくとよく育ちますように!

    (総務グループ: 大山)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271