ホーム > 森もり!スクエア > みんなで森林づくり > 「社会貢献の森」植樹祭(イワクラ創業100年の森)


ここから本文です。

 

 みんなで森林づくり

「社会貢献の森」植樹祭(イワクラ創業100年の森)

~今年度で協定地での植樹を完了~

【胆振東部森林管理署】 


植樹祭に参加したみなさんと記念撮影

植樹祭に参加したみなさんと記念撮影

平成28年6月4日(土曜日)、苫小牧市丸山国有林1325林班において、(株)イワクラ主催の「社会貢献の森」第4回目の植樹祭が行われました。

(株)イワクラは平成25年に創業100周年を迎え、これを記念し、胆振東部森林管理署と平成24年度に「社会貢献の森」協定を締結、2004年の台風18号により風倒被害を受けた当該地の森林整備活動を行っております。

本協定では4.5ヘクタールを4年かけて植樹等の森林整備を進めることとしており、今年度で協定地での植樹を完了し、今後5年間下刈等の保育活動を行う計画です。

当日は全道的に雨天の予報であり大雨が心配される中、岡本泰雄代表取締役社長、佐藤次長の挨拶後、(株)イワクラ社員、OBの方々に胆振東部森林管理署職員9名を含む総勢約65名により、トドマツ、アカエゾマツ2,400本の植え付けを行いました。
 肌寒い気温の中作業を開始しましたが、一時間程で日が射しはじめ、参加者はカッパを脱ぎ心地よい汗をかいて1時間30分程度で植え付け作業を終了致しました。 

(澤木 主任森林整備官)

記念標柱の設置 

記念標柱の設置

植樹の様子

植樹の様子

お問い合わせ先

総務企画部企画課
ダイヤルイン:050-3160-6271

森林管理局の案内

リンク集